エンタメトレンド

ネット界で光の如く飛び交う、ホットな話題を集約

*

ポケモンGOのアップデート詳細!不具合の事象まとめも

      2017/10/31

 

pokemon-go-nick_statt-screenshots-1.0[1]

遂に日本でもスマートフォンアプリを使用して遊ぶことが出来るようになった、『ポケモンGO』。

 

日本に上陸してからまだ1週間ほどしか経過していませんが、早くも『ポケモンGO』のアプリがアップデートされることが判明しました。

 

『ポケモンGO』のアプリがアップデートされることで、更なる面白い遊び方が期待出来るかと思いきや、ネット上を中心に、今回のアップデートに苦言を抱く声が多数挙がって来ているのが事実です。

 

苦言を抱く程度になっている『ポケモンGO』のアプリのアップデート内容は、果たして、どのようになっているのでしょうか。そして、ネット上でどのような苦言を抱く声が挙がっているのかについても取り上げたいと思います。




『ポケモンGO』のアップデート内容を紹介

7月31日に、Nianticは人気アプリの『ポケモンGO』をアップデートすることを発表しました。iPhone版、Android版共にソフトウェアのアップデートが可能になっており、今回、アップデートされた更新内容は次の通りです。

 

◆トレーナーアバターがプロフィール画面から再編集可能になる

◆一部のゲーム中における技のダメージを調整

◆ジムのアニメーションを一部調整

◆メモリー画面を改善

◆近くにいるポケモンから足あとを削除

◆エンカウント中のバグを修正

◆ポケモンの詳細画面を更新

◆メダルの画像を更新

◆マップの表示の不具合を修正

◆一部テキストの修正

 

以上のアップデートを発表しましたが、いまひとつ詳細が分からない方のために、ここから更に詳しくアップデート内容について掘り下げて行きたいと思います。

thZYMZMI46

◆アプリ表示時の注意喚起メッセージを追加

日本だけの話ではありませんが、ポケモン探しに熱中するあまり、様々なトラブルが報告されています。今回のアップデートではアプリを起動させた際、「許可無く立ち入ってはいけない場所や建物には、決して入らないでください」等と言った、ゲームをする際の注意喚起を促すメッセージが表示されるようになりました。

nt_160726pokemongomapbug02[1]kikka_pokego3[1]◆マップに道路が表示されないバグ(画像上)が復旧する(画像下)

ゲーム中に問題となっていたマップの道路が表示されないバグについて、復旧はしたものの、一部のユーザーからは「道路幅などが改善されていない」という声が挙がっていることから、完全には復旧していない印象が見受けられます。

 

また、バッテリーセーバーを使用してしまうと、画面がフリーズしてしまうバグについて、バッテリーセーバー自体が今回のアップデートで削除される事態となり、「バッテリー消費がとんでもないことになる」と言った悲鳴の声が挙がっているのが実情です。

kikka_pokego2[1]

◆ポケモンを「博士に送る」表示が削除される

こちらはアップデートされる前の『ポケモンGO』の一部ですが、ゲーム中に得たポケモンを、画面右下に表示されている「博士に送る」という部分をタップする機能がありましたが、アップデート後は以下のような画面に変わってしまいました。

kikka_pokego5[1]

それが「博士に送る」をタップする部分が無くなってしまった点です。アップデートすることで、ポケモンの詳細画面右下の3本線マークをタップすることで、これまでのように画面スクロールせずに、楽に「博士に送る」ことができるようになりました。

 

このようなアップデート状況を知らないままでいると、今まで、ゲーム中に得たポケモンを「博士に送る」にはどうしたら良いか、戸惑ってしまう声が多数挙がる可能性も捨てきれないと思います。

15bf7_1400_c47c22b664f7f3ad6926eaa634bc10eb[1]

◆「足あと」機能削除でゲームの楽しさ半減に…?

『ポケモンGO』のプレイ中の画面右下には、自分の近くにいるポケモンが小さいボックス内に表示され、そのボックスをクリックすることで、それぞれのポケモンが3つの足あとと共に表示される仕組みになっています。

 

これまでであれば、その足あとがポケモンまでの距離を示し、プレイヤーが近づくことで、一つずつ足あとが消えて、3つの足あとが消えた時点でポケモンが地図上に表示されていたはずでしたが、ポケモンに近づこうが離れようが、この3つの足あとの数は変わらずに、開発者のNianticも、問題認識をしていながらも、これまで一切修正することはありませんでした。やがて、今回のアップデートを機に修正ではなく、「足あと」機能そのものを削除する結果となりました。

 

一部のユーザーでは、「サーバの負担を軽減するため、開発者があえて最初からこの機能をオフにすることで、結果的に削除に至ったのでは?」という噂が流れてしまう結果となりました。

 

『ポケモンGO』のアップデートでTwitter上は大炎上に…!!

thYUR3C6NO

アップデートされる前まで楽しく『ポケモンGO』を遊んでいた方が多数いたと思う中、今回のアップデートを機に、主にTwitter上で様々な声が挙がってしまい、大炎上状態と化しています。

 

今回の『ポケモンGO』アップデートを機に、Twitter上でどのような声が挙がっているのかをいくつかピックアップします。

ポケモンGOをアップデートしたら、今までのデータ消えてしまった!!

アップデートで最初の状態になってしまったけど!ふざけないで欲しい!

みんなでアップデートしないで欲しい!!データが消えてしまった!ハイパーボールまでゲットしたのに…ポケモンなんてやんないわ!

アップデート後の初期化問題は『ポケモンGO』ファンからしてみると相当な騒動になっているみたい…

強制的にサインアウトされて、サインインできなくなって数時間…

ほんの一部のTwitter上の声を抜粋してみましたが、今回の『ポケモンGO』におけるアップデートは、多くの人々を混乱させる結果と同時に、思うような操作が出来ないことから、怒りが表に出て来そうな呟きが多数出て来る印象が強いと思いました。

 

本来、アップデートをすることで、より良い操作が出来て、より楽しく『ポケモンGO』を行うことが出来るはずですが、ユーザーの怒りを買うような程度のアップデートはしない方が良いのではないかと思いました。




 

まとめ

これから更なるユーザーを見込めると踏んだと思われる、今回の『ポケモンGO』のアップデート。

 

しかし、蓋を開けてみると、多くのユーザーの怒りを買う結果のアップデートとなってしまい、今後、『ポケモンGO』に飛びつくユーザーが減少する点が懸念されます。

 

日本やアメリカ等多くの国で話題となっている『ポケモンGO』が、より多くのユーザーに満足してもらえる内容になるまでは、しばらく時間がかかるような気がします。

 

そして、開発者はこのような声を元に、更なるレベルアップを図った『ポケモンGO』を提供出来るかにも注目です。

 

少しの手抜きが、多くのユーザーの心情を揺さぶる結果になったことを今回の件で実感することが出来たと思いました。

 - 未分類