エンタメトレンド

ネット界で光の如く飛び交う、ホットな話題を集約

*

コロナでウーバーイーツ大人気!時代はデイバリー化へ加速!

      2020/05/12

ウーバーイーツ

 

コロナウイルスの影響で、日本中が混乱に陥っています。

外出自粛の動きは、いまだ混迷の中にいて、気軽に外食ということができないストレスを抱えている方が日増しに増えてきています。

たとえ飲食店が開いていたとしても、コロナに感染するのではないかと心配になり、外食を諦めたという人も多いでしょう。

でも、そんな自宅でも気軽にお店の料理を楽しめるサービスが、今注目されています。

その名も、ウーバーイーツというデリバリーサービスで、今食べたいと思ったお料理を迅速に配達してくれる便利なサービス。

そんな、今注目のウーバーイーツについて、そして、この先の展望も交えて紹介していきます。

 

 

ウーバーイーツとはどのようなサービスなのか

 

 

最近は街中で見かける「Uber Eats」と書かれた大きいバッグを背負い、自転車に乗っている配達員の姿を見かけることが増えています

「Uber Eats」の読み方は「ウーバーイーツ」であり、元来はアメリカなど海外で始まったサービスです。

 

「Uber Eats」の「Uber 」はハイヤーの配車サービスであり、その仕組みを応用してデリバリーにしました。

このような新機軸の料理宅配サービスは東京都内など首都圏から始まり、いつの間にか大阪市など国内の主要都市に広がっています。

順次、利用可能地域が増えてきており、今後エリアは日本全国に広がっていくと予想されています。

 

ウーバーイーツの配達システムとは

 

対象になるレストランや飲食店は入口などに「Uber Eats」の緑のステッカーがあり、目立ちやすくていつの間にか名前を覚えた方も多いようです。

そのウーバーイーツの仕組みはアプリで簡単に注文でき、自宅や職場に届けてもらうことで本格的な専門店の食事を味わえます。

日本で開始されたのは2016年とまだ4年目と短いですが、サービスエリアや対象店舗の拡大とともに認知されています。

また、デリバリーは料金が割高になると思われがちですが、クーポンを利用すると値引きしてもらえて便利です。

 

そのサービスを提供する人は「配達パートナーシステム」と呼ばれ、注文された料理を飲食店から受け取ってユーザーの手元に届けてくれます。

配達する人は空いた時間を利用した一般ユーザーで、宅配業者ではなくスムーズでスピーディーに届けることが可能です。

 

配達状況はアプリでリアルタイムに確認でき、到着するタイミングに合わせて食事をするなど計画を立てやすいです。

配達パートナーはアプリで顔写真や名前が表示され、業者と違って安心できます。

 

 

ウーバーイーツの利用者側のメリット

 

デリバリーといえば注文して届くまで正確な時間が分からないものですが、ウーバーイーツではアプリで位置情報や配達パートナーの名前や顔が分かります

このため、到着するタイミングに合わせて食事をするなど計画を立てやすく、なおかつ素早く注文した食事を受け取れることがメリットです。

また、利用方法はタップとスクロールだけでお気に入りの料理を探せ、カートに追加して注文を決定するだけでできます。

そして何よりのメリットは、今までにデリバリーでは利用できなかった店舗が、新たにデリバリーで楽しむことができるようになってきたということでしょう。

当然、ウーバーイーツが利用できる店舗しかりようできませんが、これからウーバーイーツと提携する店舗が増えてくる事により、様々な料理が楽しめる可能性を秘めています。

 

支払いは登録したクレジットカードから引き落とされ、わざわざ現金を用意する必要がなくて便利です。
ちなみに、現金でのお支払いも可能ですが、できればクレジットカードで済ましたほうがスムーズですね。

 

ウーバーイーツの飲食店側のメリット

 

 

登録しただけで簡単にウーバーイーツは宅配してもらえ、端末のデポジットやテイクアウトのための容器を準備するだけで店の料理をデリバリーできます。

初期投資が安くて事業を拡大すると販売する機会を増やせ、より多くの人に店の料理の味や特徴を知ってもらうきっかけになり売上を伸ばせて効果的です。

デリバリーと言うと、やはり人員の確保や、仕事量的に採算が合うかどうか、といった問題があり、導入にはなかなか踏み切れない店舗でも、ウーバーイーツならば、すべて解決してくれるのです。

 

最近ではコロナの影響もあり店内での食事に対しても警戒されている状況で、このような環境の中でチャンスロスを回避できます。

飲食店はただ単に店内で食事をしてもらうことだけでは席数が少ないとどうしても限界があり、デリバリーをしてチャンスを拡大すると売上を確保できることがメリットです。

 

 

ウーバーイーツの配達パートナー側のメリット

 

個人ドライバーとして働くため、好きなタイミングで仕事ができることが特徴です。

報酬は配達した距離や回数によって決められ、1週間単位で支払われます

登録はクレジットカードがないとできないなど制限はありますが、働ける時間と場所を登録するとあれば依頼され受けるとその分の報酬が支払われてサクッと稼ぎたい場合に便利です。

 

配達は自転車やバイクを使い、「Uber Eats」と書いた大きなバッグを背負って飲食店に食事を取りに行き注文をした人が指定する場所に届けます。

このため、好きな時間に働けるため、日雇いバイトを重ねてするような感じで稼げることがメリットです。

 

 

ウーバーイーツの対応するエリアは

ウーバーイーツ

 

ウーバーイーツは東京23区を中心にサービスエリアが拡大され、横浜市や大阪市、名古屋市など主要都市に広がっています。

ただし、広がっているといってもあくまで大都市に限られ、政令指定都市でも札幌市や仙台市、岡山市、北九州市、熊本市などは未対応です。

 

今後は拡大が進むと思われますが、最新の情報をチェックして近くにあれば注文することもできます。

対応する店舗は対象エリアのチェーン店や個人経営店が多く、最近ではコロナの影響もあり急速に増えていることが特徴です。

登録したいという店舗が増えていき、利用者も増え、全国的に知名度がもっと上がれば、ウーバーイーツとしては急速に全国展開も可能かもしれませ。

 

なぜコロナでウーバーイーツが注目されるのか?

 

最近では新型コロナウイルス感染症のニュースで持ち切りで、外出規制が敷かれています。

多くの飲食店も営業自粛になり、店内飲食も感染しやすいため中止する店が増えているため外食ができなくて困るものです。

このような状況の中で救いになるサービスといえば食事のデリバリーで、最近では大都市にいるとウーバーイーツの大きいバッグを背負い配達する人を見かけるようになりました。

 

最近では政府が緊急事態宣言を出すなどコロナの感染拡大が深刻化し、外食をしないように推奨しています。

外出禁止の中で食事をするためにはスーパーなどに買いだして自宅で調理をする方法もありますが、このような面倒くさいことをしたくない人もそれなりにいるものです。

デリバリーはこのような要望にも応えやすく、ウーバーイーツは他社よりもスムーズでなおかつ配達状況が分かり信頼されています。

一方の飲食店側は外食に対してコロナに感染しやすいと警告され、そのまま閉めてしまうと売上を出せません。

このような状況を打破するためには店内飲食以外の選択肢がないと厳しく、デリバリーやテイクアウトなどを考えるとそれだけで売上が出せて良いものです。

 

 

ウーバーイーツはコロナで注目度上昇中

 

ウーバーイーツは注文を受けた食事を作ってすぐに配達してもらえるため、それだけでも確実に売上を確保できます。

テイクアウトは売れる数を予測して作り置きをしますが、様々な要因で売れ残ることもあり困るものです。

しかし、デリバリーなら確実に売れることが決まっているため、対応できるようにすると店舗を営業しなくても売上を伸ばせます。

 

ウーバーイーツはコロナの感染が拡大して自宅やオフィスから出ずにいる人にとっては役に立つサービスで、対応エリアが限られるものの需要が高いです。

ウーバーイーツは日本だけでなくコロナの感染が拡大したスペインやフランスなどで3つのマーケットでグローサリー配達オプションを強化しています。

 

一例をあげるとスペインではガルプサービスステーションと提携し、食材だけでなく処方薬や飲料、掃除用品などを配達して生活をサポートしています。

ウーバーイーツの親会社のウーバーは配達のノウハウを生かして食事以外に日常生活での必需品などを配達するために現地のスーパーなどと提携し、コロナの影響で外出禁止の地域の生活を支えていることが特徴です。

 

 

ウーバーイーツの今後の展望とは

ウーバーイーツ

 

ウーバーイーツといえば日本国内では2016年に始まって4年と歴史が浅いですが、親会社のウーバーのノウハウを生かしたサービスでデリバリーを利用しやすくしています。

コロナの影響を受けた中での生活は心苦しいものもあり、なおかつ食事に関しては衛生状態に対し多くの方が敏感になっているものです。

 

最近では、政府によって全国に緊急事態宣言が出されるなど不要不急の外出を禁止するように呼びかけられ、街中の多くの飲食店は臨時休業をするなど様変わりしています。

このような状況の中で安心して食事をしたいと考えているならデリバリーをすると便利ですが、食事宅配サービスでは時間が分かりづらいなど不安要素も多いものです。

しかし、ウーバーイーツは注文をすると近くにいる配達パートナーが店舗に食事を取りに行き、そのまま配達をして位置情報を確認できるため安心できます。

 

デリバリーは食事を作ってから届くまでにかかる時間が明確に分からないなど不安要素も多いですが、ウーバーイーツは親会社のノウハウを生かしてこのような悩みを解消できるようにしています。

最近ではテレビをつけると新型コロナウイルス感染症に関するニュースが目立ち、日本国内だけでなく世界各地で被害が拡大するなど今後の世の中に対して絶望感すらある状況です。

 

ウーバーイーツは新たな働き場

 

また、このような状況では飲食店は大きなダメージを受けやすく、政府や自治体から休業要請が出されると勤務するスタッフは仕事を失い収入もなくなります。

このような状況とは対照的にデリバリーの需要が高まり、中でもウーバーイーツは空いた時間を使ってできるため配達員登録者が増えています

最近では、大都市を中心にウーバーイーツの配達パートナーを見かけることが増え、コロナの影響で仕事を失う人もいる中で収入を確保していることが対照的です。

配達パートナーの仕事をするためにはスマートフォンと自転車、バッグ、クレジットカードが必要ですが、空いた時間を使って稼げるためこのような危機的状況を乗り切れます。

 

以上のように、コロナの影響は我々の日常生活だけでなく飲食店などサービス業界にも出ていますが、ウーバーイーツは救世主とも言える存在です。

 

また、今後はデリバリーの需要が高まり新たな会社を立ち上げて独自のサービスをする業者も現れることが予想され、店内での飲食が難しい状況であっても対応できるようになります。

飲食店などのサービス業はコロナの影響でどのようにすべきか考える時期になり、人員配置の見直しやコストの削減だけでなく販売機会の増加などで対処することが望ましいです。

 

デリバリーは初期費用や人件費がかかるため店舗側も導入に消極的な考え方はありましたが、コロナの影響で需要が高まっています。

 

コロナでウーバーイーツ大人気!時代はデリバリー化へ加速!のまとめ

 

ウーバーイーツはこのような危機的状況を救えるようになると知名度が高まり、対応するエリアも拡大する可能性が高いです。

ウーバーイーツも日本に上陸して4年経ちますが、地道に拡大活動はしてきていましたが、コロナウイルスの影響で大きく注目が集まり、大きな成果を上げています。

コロナウイルスの感染拡大が終息しても、その後もデリバリー需要が定着するかどうかが、今後の課題かもしれません。

 

デリバリーはやはりスピードと信頼性が重要になり、コロナの影響で需要が高く注目されていますが、トラブルも稀にではありますがあるようです。。

まだまだ改善の余地もあるようですし、サービス向上もこれからますます求められてくるでしょう。

 

飲食店は店内だけでなくデリバリーやテイクアウトなど選択肢を増やし、今回のような危機的状況に対応できるようにしないと限界があることは事実です。

しかし、飲食店業界にとっては、一つの可能性が見えてきたことも事実でしょう。
お店にお客さんを呼ぶだけでなく、お客さんの元まで料理を届けるという選択も入れた商売が必要になってくるかもしれません。

その先人を切っているのがウーバーイーツではないでしょうか。

これからのウーバーイーツと飲食店の進化に注目していきたいと思います。

 

 

 - お仕事