エンタメトレンド

ネット界で光の如く飛び交う、ホットな話題を集約

*

有村架純と高良健吾出演・月9のあらすじとキャストについて

      2017/11/03

有村架純さんがついに月9初主演です!

2016年1月からスタートする作品で、タイトルはかなり長いです。

なんと、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』というもの。

ここでは、この新月9のあらすじとキャストについてご紹介いたします。




 

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』のあらすじ

2015-11-21_130121

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』は、東京で生きる若者たちの生身の姿と、恋愛の美しさを描くということを主眼にしています。

ドラマを盛り上げていくのは、地方から出てきた若者たちです。

それぞれに夢を持ちつつ、ときにはあきらめそうになりながら、もがき続け、必死に生きていく……。

そんなカップルをメインにストーリーは進んでいきます。

ヒロインの音は、女手ひとつで育ててくれていた母親を幼少時に失ってから、北海道の田舎町にある、引き取ってくれた養父母の家庭で育てられました。

音は、いろいろなものをあきらめながらも、けなげに明るく生きていきます。

その一方、もうひとりの主役、練はといえば、音同様に、両親を早くに亡くしてしまい、豊かな自然の中で暮らしている祖父に育てられました。

祖父は農地をだまし取られてしまい、これを取り戻すお金を稼ごうと、練は東京に出ていきます。

練は、いつの日か祖父と暮らせる日がまた来ることをひたすら夢見つつ、厳しい現実と向かい合って、東京で生きていきます。

 

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』のキャスト

有村架純さん主演の新月9『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』。

有村架純さんは主人公の音を演じますが、練を演じるのが高良健吾さん!

18769_original
高良健吾さんは、父親の仕事の関係で、九州内での転居を繰り返しながら育ちました。

熊本県の九州学院高等学校時代に、熊本のタウン情報誌にスカウトを受け、スタッフ兼モデルとして採用されるようになります。

当時から高良健吾さんは俳優に関心があったといい、それを知ったタウン情報誌の幹部から東京の芸能事務所を紹介され、高校卒業と同時に芸能界に入りました。

2005年に、ドラマ『ごくせん』で俳優デビュー。

2006年には、映画『ハリヨの夏』で映画デビューします。

2008年には、芥川賞作家・金原ひとみさん原作の映画『蛇にピアス』で、全身刺青だらけで顔もピアスだらけという青年を演じ、話題になりました。

2011年には、『時計じかけのオレンジ』で舞台デビュー。

2013年、主演した映画『横道世之介』でブルーリボン賞主演男優賞を受賞しています。

注目の若手の女優と俳優の共演ということで、これは話題になりそうなキャスティングですね。

 

世間の反応について

有村架純さん、高良健吾さんの初共演に関して、喜びの声がネットではあがっております。

 

有村さん、健吾さんの月9、旬な二人の共演、サイコーに楽しみです!

主役お二人は勿論好きなのですが他のキャストさんも楽しみです柾木玲弥くんとか古畑星夏ちゃん出ないかな

月9初主演おめでとうございます(*^^*)主演ということでプレッシャーがあると思いますが高良健吾けんと共に頑張ってください\(^-^)

出典:http://www.fujitv.co.jp/itsu_koi/

 

有村架純さんに対する期待が大きいようですね。

有村さん自身は、「月9と意識せずに頑張りたい」とのことですが、月9は注目度がほかと違うので、少しは意識して頑張ってほしいですね。笑




 

まとめ

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』とは長すぎるタイトルですね。

『セカチュー』みたいに、略して呼ばれることになるんでしょうね。

ストーリー的にはかなり郷愁をそそられる内容ですね。

あと2ヶ月、放送開始が待ち遠しいですね。

 

 - ドラマ