エンタメトレンド

ネット界で光の如く飛び交う、ホットな話題を集約

*

ドラマ「奪い愛、冬」の相関図キャストとネタバレ予想!

   

20171月からテレビ朝日で新ドラマがスタートします。

これがまた、なんともセンセーショナルなタイトルになっているようです。

『奪い愛、冬』です!

 

どうしても、いろいろと2016年の世相のことを考えてしまいそうですよね。

あの人のこととか、この人のこととか……(笑)

いったい、どんなドラマなのでしょうか。

タイトルからして、おおよその趣旨は分かりそうですが、くわしい相関図、キャスト、ネタバレの予想など、これから確認していきましょう!

 

『奪い愛、冬』の相関図はどうなっている?

ph01

ずばり、『奪い愛、冬』とは、「奪い愛」に関するドロドロしたドラマなのでした!

現実にあったら嫌そうな、フィクションだからこそ面白い、そんな相関図のようです(笑)

主人公は池内光という女性。

貧しい家庭に育ち、現在は会社で立派にバリバリと働いています。

彼氏とも順調にいっていますが、溺愛していた元彼がいまさら出現してしまい、人生の歯車が狂い始めて……。

その彼氏である奥川康太は、池内光と同じ会社で働いている男性になります。

池内光と婚約するものの、のちにその本性(?)を現していくことに……。

奥川康太といえば、彼の母親も見逃せません。

 

自分の嫁になる池内光がお気に召さず、嫌がらせをスタートさせていくのです。

挙句の果てには、池内光の元彼やその嫁までもがこんがらがってきます……。

本当にドラマだからこそわくわくできそうな関係者ですね!

こんな連中が身近にいたら、ふつうの神経だったら、逃げ出してしまうに違いありませんから(笑)

 

『奪い愛、冬』に登場するキャストは?

主人公である池内光を演じるのは、月9ドラマ『カインとアベル』にて、主人公の兄貴のフィアンセを演じている、倉科カナさん!

『カインとアベル』は、兄貴の副社長を弟の取締役が追い落とし、自分も破滅するという壮絶な内容。

兄貴と弟のあいだで振り回されるのが、兄貴と結婚したい、そして弟と同僚だった倉科カナさんです。

立て続けにこういうめんどうそうな役で疲れそうですね(笑)

 

奥川康太を演じるキャストは、三浦翔平さんです!

倉科カナさんといい、トレンディードラマには不可欠なキャスティング!

三浦翔平さんといえば、月9の『好きな人がいること』において、ヒロインの初恋の人であるやり手レストラン経営者という、甘い役をしていました。

これが一転、『奪い愛、冬』では、マザコンのダメ男に……(笑)

三浦翔平さんは説明するまでもなく、大活躍をしているイケメン俳優です。

が、彼が演じる奥川康太は、親のコネで会社に入り、そこで出会った彼女にプロポーズするも、母親が息子可愛さから嫌がらせをし、彼女と元彼が再会しておかしくなりだして、自分も嫉妬しまくるという、悲しい役。

あまりのギャップに心配してしまいますね。

俳優としては幅が広まっていいのかもしれません。

 

『奪い愛、冬』のネタバレはどうなるのか

最後のネタバレまでは分かっていませんので、『奪い愛、冬』のおおまかなあらすじを参照していきましょう。

cz8zdnjucaaradp

主人公の池内光は仕事のできる女性社員。

一方、その彼氏である奥川康太は、コネで会社に入り、彼女と交際しています。

やがて池内光と奥川康太は、めでたく婚約することとなりました。

が、本来なら祝福するべきことなのに、息子を溺愛している奥川康太の母親は、なにかと池内光を邪険に扱うのでした。

そんな折、池内光の目の前に、別れた元彼がまた姿を現したのでした。

元彼とは、かつて死ぬほど愛しながら別れてしまったという、悲しい過去がありました。

 

奥川康太への愛はどこへやら、池内光は元彼へと心が揺らいでいってしまいます。

あいにく、元彼はすでに家庭を持っていましたが、関係ありません。

元彼の嫁も巻き込んでの、池内光の「奪い愛」がはじまる……!

 

まとめ

想像に難くなく、『奪い愛、冬』は怖すぎな感じの話のようですね。

冬に見るぶんにはかえって悪くないストーリーかもしれません。

にしても、あまりにも関係が複雑すぎて、池内光の今後が案じられます(笑)

あまり過激な展開にはならず、穏便なオチに収まってほしいですね。

 

 - ドラマ