エンタメトレンド

ネット界で光の如く飛び交う、ホットな話題を集約

*

『あさが来た』視聴率が高い理由を検証!感想や評判まとめも

      2017/11/03

始まったばかりのNHK連続テレビ小説の『あさが来た』

今もっとも話題の女優のひとりの波瑠さんをヒロインに迎え、視聴率も絶好調の模様です。

ここでは、『あさが来た』の視聴率がなぜ高いのかについて、感想や評判とともに、まとめてみました。




 

『あさが来た』のあらすじ

あさが来た

江戸時代末期。

京都の豪商の今井家に生まれた「あさ」は、賑やかな性格の少女。

しかし、女性であるために学問を許されないこと、親から勝手に結婚を決められることに反発していきます。

そんな彼女に、許婚の白岡新次郎は、算盤をあげます。

あさはやがて、婚約の経緯を母から聞いて、当初抱いていた新次郎への印象を変えていくのでした。

やがてあさは、父から算盤を習うことを許されますが、結果、彼女は才能を発揮し、見る見る間に上達していきます。

そして、成長したあさは、祝言を済ませ、白岡家に嫁入りします。

が、新次郎は放蕩三昧……。

新生活に失望するあさでしたが、一方で、店の人々とはなかよくなって、経営も学んでいきます。

そして、あさは頭角を現していき、後に、日の出女子大学創設者として、歴史に名を残すことになるのでした……。

 

『あさが来た』の視聴率がなぜ高いのか?

20140212_hoken01

『あさが来た』は、さすがに『あまちゃん』には及びませんが、それでも高視聴率!

最近のNHK連続テレビ小説は、高視聴率が多めですが、これは作品が優れていることの証ですから、NHKにとっても、視聴者にとっても良いことですよね。

では、なぜ、『あさが来た』は、視聴者から支持され高視聴率を維持しているのでしょうか?

考えられる理由は、女性がたくましく成長し、教育者・実業家として大成するという、奮闘&立身出世のストーリーの魅力がまずひとつ。

そしてもうひとつは、女優の波留さんへの期待感ではないでしょうか。

主人公の「白岡あさ」は、実在する教育者・実業家である「広岡浅子」がモデル。

この女性は、「日の出女子大学」のモデルとなった、現在の「日本女子大学」の創始者です。

一方の波留さんは、『セブンティーン』の専属モデルとして活動後、映画『恋空』やドラマ『恋空』で、女優としてブレイク。

その後、『non-no』専属モデルとなり、2014年には、『おそろし〜三島屋変調百物語』でドラマに初主演。

女優として、今後が非常に楽しみな人です。

また、どちらかといえば、これまで主役よりは端役が多かったため、主人公のあさとダブってみえたのかもしれませんね。

こうしたことも視聴者の心理に影響し、『あさが来た』全体の高視聴率に繋がっているものと考えられます。

 

『あさが来た』の感想や評判まとめ

では、そんな高視聴率な『あさが来た』への感想や評判はどうなっているのでしょうか。

『あさが来た』に対する、ネット上の評判は上々のようです!

それではさっそく、おもだった評価する感想を見ていきましょう!

 

「語りがベテランアナウンサーであることも、耳障りがいい」
「大河越え、前期朝ドラ越え必須」
「ホントに毎日が楽しみなドラマ」

いずれも、大変な絶賛ぶりですね!

また、「友近目線のコラムをホームページに作ってほしい」といった、ユニークなご意見もありました。

さらにはこんな感想も……。

 

「裏話で衣裳にお金を掛ける分、セットは使い回しをして予算を合わせてるらしい」
「涙ぐましい裏方の努力と俳優陣の本気度」

 

スタッフの方々へのあたたかい思いやりですね。

めずらしいですね、こういうものは。

「それにしてもヒロインの波瑠さん、お仕事大変なのに、凄く顔色がよく元気そうだったねえ。見てるほうが嬉しくなった。

高視聴率が自信になったのかな。波に乗っている感じ。」

といった、『あさが来た』としてのドラマだけでなく、ヒロインの波瑠さんを絶賛する感想もありました。




 

まとめ

『あまちゃん』『まれ』『あさが来た』など、最近の連続テレビ小説は「アタリ」が多いですね。

連続テレビ小説も、アタリとハズレって、案外、差があるものです。

また、時期によっては、低視聴率作品が続くことも……。

まだ、開始したばかりで未知数ですが、今後もこの調子で進んでいってくれるといいですね。

 

 - ドラマ