エンタメトレンド

ネット界で光の如く飛び交う、ホットな話題を集約

*

東京ラブストーリーが29年ぶりにリメイク!あの感動をもう一度振り返ってみた!

      2020/03/25

29年ぶりに名作が復活!

織田裕二

東京ラブストーリーといえば織田裕二さんが主演で、1991年1月7日から3月18日までフジテレビ系で放映された恋愛ドラマです。

それか29年の時を超えて2020年春にリメイクされて現代版としてよみがえり、主演はドラマやCMなどで活躍中の伊藤健太郎さんで、ヒロイン役は石橋静河さん、医学生役は清原翔さん、関口さとみ役には石井杏奈さんがキャストとして決まりました。

1990年代の恋愛ドラマの金字塔が現代版で29年ぶりによみがえり、元号も平成から令和に変わり時代の流れの変化を感じさせてくれることが期待できる作品です。


東京ラブストーリーは1988年から小学館のビッグコミックスピリッツで連載され、ビッグスピリッツコミックから刊行されました。

作者は柴門ふみさんでビッグコミックススペシャルは全4巻小学館文庫は全3巻文春文庫は全2巻のラインナップで、テレビドラマとして1991年1月7日から3月18日まで全11話がフジテレビ系列で放送されました。

1991年の最終回平均視聴率は32.3%を記録する大ヒット作品になり、29年の時を超えて2020年春に配信ドラマとしてリメイクされることになりました。

 

東京ラブストーリーの登場人物とは

鈴木保奈美

 

東京ラブストーリーの主人公の永尾完治は東京の広告代理店の和賀事務所に勤め、地元の愛媛を愛する会社員です。

性格は誠実でまじめて気配り上手で誰に対してもやさしいですが、優柔不断な面もあります。

趣味は伝書鳩の育成で高校時代は軟式野球部員で、片思いの関口さとみには相手にされないものの赤名リカや田々井アズサというエキセントリックな女性に好かれてしまいます。

上京後は東京の生活に馴染めずコンプレックスをいだき、三上とさとみが交際すると失恋からリカと寝てしまいその後は同棲生活を送ることが多いです。

だが、完治が真剣にリカを愛するようになりますが、リカが発作を起こしてしまいます。

三上とさとみの破局やリカの突然の留学で、さとみに対する未練とリカを持て余していたことを自覚しました。

その後はさとみと結婚を前提に交際を始め、帰国したリカとさとみの間で心揺れるが最終的にリカが身を引く形でさとみと結ばれ結婚して第一子を作りました。

 

ヒロイン、赤名リカ


ヒロインの赤名リカは完治の同僚で商社マンの娘でジンバブエ育ちで自由奔放に生きる女性です。

当初は和賀と交際しながら完治に興味を抱いていましたが、相手が家族を捨ててリカを選んだため破局しさとみに失恋した完治と交際をはじめました。

愛に生きる性格を生かして多くの男性と浮き名を流して贅沢を味わい尽くしましたが、実際には他人から愛されることに慣れてないためパニック障害を抱えることがありました。

感情のコントロールが下手で怒りを制御できないことが災いし、愛する男性と上手くいきかけても破滅的で無軌道な行動を取るなど不可解です。

完治を心から愛していたが突然退社して留学のため渡米し、和賀との息子をみごもっても結婚せずにシングルマザーとして生きることを決めました。

で完治と別れたものの、相手は東京の象徴とみなされていました。

しかし、語学堪能でアフリカ育ちの彼女にとって東京は窮屈なコンクリートジャングルで、長期休暇では海外を飛び歩いているなどユニークです。

 

幼馴染、三上健一


三上健一は完治の高校時代の同級生で、高校時代は水泳部所属して私立医科大学に進学しました。

地元の名士の息子で成績優秀で二枚目で女性にはモテますが、実の父親との仲は最悪で従兄弟を養子にされ実家とは絶縁に近いものの実母だけが将来を心配している家庭事情です。

表面的には多くの女性と簡単に関係を持つ性格ですが、実際には子供っぽく寂しがり屋で内向的です。

プラモデル作りが趣味で小学生時代にイジメから庇ってくれた完治と父親の策略で万引き犯の噂を流されたときに唯一人信じてくれたさとみだけを信頼し、故郷の愛媛を憎悪し逃れるために上京しました。

幼少期は親に嫌われる惨めなもので、愛情に飢えて幸せに対してコンプレックスを持つようになりました。

片思いしていたさとみと結ばれて同棲しますが尚子への関心は尽きませんが、彼女からフラれたことでさとみとも破綻したのでした。

完治の部屋に一時期居候し、三上とさとみの復縁を完治がお膳立てするも二人の絶望感は深くできませんでした。

その反面、尚子との関係は次第に深まり真剣に交際するようになりますが、相手の両親の反対で一度は破局したものの最終的に結ばれました。

その後、医師となって仙台に赴任し、行きずりの女性とも関係しますが「友達の彼女とだけは絶対に寝ない」という確固たるポリシーでリカに誘惑されたときもサラっと受け流しました。

 

もうひとりのヒロイン、関口さとみ


関口さとみはもう一人のヒロインで、完治や三上の高校時代の同級生です。

高校時代はバレー部員で優等生気質で誰に対してもやさしく、完治や三上からそれぞれ片思いを寄せられました。

実家がラブホテルを経営していることでからかいの対象となりますが、それをさりげなく庇っていた完治を愛していました。

しかし、潔癖で身持ちの堅い性格で、完治がアズサとキスをしたことを気にしていたのでした。

自身の秘密を知らない土地で生きるために上京し、保育士として就職して完治や三上と再会しました。

当初は完治に心惹かれていたが実は三上に対して独占欲に近い愛情を持ち、事情が発覚してからは三上への思いを自覚し完治にフラれて三上と同棲するようになりました。

しかし、幸せは長く続かず三上に何度も裏切られ、相手が尚子に失恋したことを機に破局しました。

三上との交際と別離は潔癖だった彼女を一回り大きく成長させ、完治とは互いに良き相談相手となっていました。

完治はリカとの関係に疲れ、さとみは改めて魅力と思慕を確認して奪い取る決意を固めたものです。

三上と完治を靴にたとえ、三上は「誰もが振り返る自慢の靴」で完治は「履き心地が良すぎて履いていることを忘れてしまう」と評しました。

高校時代は学級委員だったが芯の強い性格故に煙たがられていました。

田々井アズサは突然の自殺し、実家のホテルから男性と出てきたことを教師に告げ口したと誤解から憎まれたまま死なれたことにショックを受けました。

その後は、完治との順調な交際を帰国したリカにかき乱されましたが、完治を信じて待ちリカと別れた完治と結婚しました。

 

東京ラブストーリーの出演者

江口洋介

ここで、東京ラブストーリーの主要登場人物を演じていた俳優人を紹介していきたいと思います。

永尾完治   織田裕二
赤名リカ   鈴木保奈美
三上健一   江口洋介
関口さとみ  有森也実
和賀夏樹   西岡徳馬
長崎尚子   千堂あきほ

錚々たる俳優さんが出演していたことが伺えます。
1991年頃は、トレンディドラマのはしりで、東京ラブストーリーは、まさにその代表作と言ってもいいでしょう。

いまでも第一線で大活躍されている織田裕二さんや江口洋介さんも、このドラマで一躍注目されるきっかけとなりましたね。

ちなみに、永尾完治の同僚役で出演していたのが、中山秀征さんです。
この頃は、ちょくちょくドラマで見かけていましたね。
そんな中山秀征さんは、俳優志望だったようです。

 

東京ラブストーリーのストーリーとは

織田裕二

関口さとみ編は主人公の永尾完治は愛媛から上京し、東京の広告代理店に就職しました。

職場では上司の和賀夏樹にイヤミを言われ帰国子女の赤名リカには「カンチ」と呼ばれてからかわれて振り回される日々で、リカには和賀と交際しているという噂が立っていました。

完治は幼馴染で都内の私立医科大に通う三上健一と再会し、地元の名士で資産家の息子で垢抜けた軽い性格で強いコンプレックスを抱いていた。

三上は東京での生活にすっかり馴染み完治が高校時代から片思いするさとみを呼び出そうとするが不在で、バーで知り合った女性二人組をナンパしました。

それぞれカップルとなり女性をホテルに誘いましたが、相手の女性は酔って体調を崩して部屋に残して帰ろうとしたが支払いの際に財布がないことに気が付きました。

そして、偶然鉢合わせたリカから金を借り、「置いてきぼりにされた女の気持ちがわかる?」という言葉が胸に刺さり女性を介抱しました。

彼女も福島から上京して東京の女ぶってナンパに応じたものの故郷に恋人を残していたため、完治は朝までとりとめもない話をして慰め、ました。

東京にコンプレックスを感じているのは自分だけではないとすがすがしさと勇気を得た完治でしたが、リカに大きな借りを作ってしまいました。

完治はリカに金を返したものの、田田井アズサを重ね合わせました。

完治とリカは三上とさとみと4人で初めて顔を合わせたものの、さとみは早々と帰宅しました。

完治と三上はカラオケに夢中なリカをおいて飲み直し、完治のアパートに向かいましたが激怒したリカが来ました。

完治はさとみをデートに誘い、公園でさとみの職場の教え子の家族と鉢合わせしてしまいます。

しかし、アパートの前でリカが待ち伏せ、さとみは帰ってしまいます。

完治のもとに親友の青木が訪ね、さとみの真意を尋ねてもらったこともあります。

このあとはさとみが三上と付き合いますが、完治との間で揺れることが多かったです。

青木はさとみと完治の間に入り仲良くするようにサポートしますが、三上との関係も良くて展開が分からなくなっています。

そして、三上とさとみが愛し合い、完治はリカと一緒にいることが多くなりました。

完治は三上の女癖の悪さに不快で、絶交すると宣言しました。

完治はリカと関係を持つようになり、赤名リカ編に続きます。

 


赤名リカ編は完治は和賀に女に気をつけるよう忠告され、二人の関係が気づかれてしまったようです。

リカは自分が愛を求めていたため他人を不幸にしたことがコンプレックスになり、産婦人科を訪れると研修医として働く三上に再会しました。

完治もリカと三上に誘われて三上の自宅に行きますが、さとみとの関係に同様を隠せない様子でした。

完治とリカは成り行きで同棲生活を始めたものの、さとみも三上の女癖の悪さに困っていました。

リカは自身の感情をコントロールできないことで完治を困らせ、和賀がやさしく諭してなんとかしようとします。

 


2つの破局編では三上が尚子からフィアンセを紹介される屈辱を味わい失恋し、さとみにも気づかれてフラれてしまいます。

一方完治はリカと一緒ですが、三上は居候するようになります。

完治は鳩を飼っていたものの猫に襲われて亡くなり、和賀の会社が傾いて倒産する運びになりました。

完治とリカは大手に中途採用され、リカはその後留学のために渡米してしまいました。

その後はさとみのことで完治と三上との間に亀裂ができますが、三上は仕事で疲れ切った完治を見かねて許しました。

その後さとみはリカと完治を巡って対決し、勝ったことで結婚して子供をもうけました。

 - ドラマ ,