エンタメトレンド

ネット界で光の如く飛び交う、ホットな話題を集約

*

ハリポタ最新作のあらすじと公開日や2人の主要キャラクターについて

      2017/11/03

小説でも映画でも世界的大ヒットを記録した『ハリーポッター』シリーズ!!

 

映画は原作の方は終わりましたが、最新スピンオフ映画として、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が公開されることになりました!

 

ホグワーツ魔法魔術学校の教科書『幻の動物とその生息地』をベースに映画化した作品で全3部作のシリーズとなる予定だそうです。

 

ここでは、そのあらすじ公開日主要キャラに迫ります。




 

『ハリーポッター』シリーズ

E3838FE383AAE3839DE382BF3-f4b23

『ハリー・ポッター』シリーズの映画第1弾が公開されたのは2001年の『ハリー・ポッターと賢者の石』。

 

あれからもう、14年も経つんですね。

 

ダニエル・ラドクリフさんも、エマ・ワトソンさんも、まだ子供でした。

 

全作品を通じ、ハリー役はダニエル・ラドクリフさん、ロン役はルパート・グリントさん、ハーマイオニー役はエマ・ワトソンさんが好演。

 

大変な人気ぶりで、2011年まで、8作もの映画が公開されました。

第1作が、『ハリー・ポッターと賢者の石』。
第2作が、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』。
第3作が、『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』。
第4作が、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』。
第5作が、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』。
第6作が、『ハリー・ポッターと謎のプリンス』。
第7作が、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』。
そして最後の第8作が、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』です。

 

最新の映画、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は5年ぶりとなる、2016年に公開予定となっています。

 

最新作からも目が離せませんね。

 

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』とは?

ホグワーツ魔法魔術学校の教科書『幻の動物とその生息地』にインスパイアされた『ハリーポッター』の、最新スピンオフ3部作

 

これまで、制作されることは発表されていましたが、この第1作の全米公開が2016年11月18日に行われると発表されました。

 

邦題は『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』。

 

近いうちに、この最新作の映像も世界同時で解禁される予定らしいです。

 

気になる、最新作の日本での公開日ですが、現時点では「2016年冬」としか発表されていません。

 

早くハッキリしてほしいものですね。。。

 

ちなみに、最新作は2016年ですが、三部作構想の本作は、第2弾が2018年、第3弾が2020年となる予定。

 

こちらも楽しみに待ちましょう。

 

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のあらすじ

fantasticbeast

まだ、詳しいあらすじは判明しておりませんが、おおまかにはこのような設定になるもようです。

 

最新作は、『ハリー・ポッター』シリーズから約70年前のニューヨークが舞台。

 

つまり、ハリー・ポッターはまだ生まれていません。

 

ホグワーツ魔法魔術学校の教科書『幻の動物とその生息地』を執筆したというニュート・スキャマンダーを主人公としています。

 

主人公がハリー・ポッターじゃない『ハリー・ポッター』ということです。

 

さて、ホグワーツ魔法魔術学校はイギリスですが、アメリカ版ホグワーツにあたる学校が登場するらしいですよ。

 

ハリー・ポッターやハーマイオニー不在というのは寂しいですが、最新作もなかなか斬新で、おもしろくなりそうです。

 

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の主要キャラ!

繰り返しますが、ハリー・ポッターやハーマイオニーは出てきません。

 

キャラも変わります。

 

主人公のニュート・スキャマンダーを演じるのは『彼女と博士のセオリー』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したエディ・レッドメインさんです。

fantastic-beasts-and-where-to-find-them-eddie-redmayne-1

 

旅先で発見した幻獣たちを記録し、ニューヨークにたどりつく、魔法動物学者という設定です。

 

ニューヨークで主人公が出会う魔法使いの新たなヒロインは、『インヒアレント・ヴァイス』のキャサリン・ウォーターストンさん。

 

ほかの主要キャストとしては、コリン・ファレルさんが魔法使いの役で登場するほか、アリソン・スドルさん、ダン・フォグラーさん、エズラ・ミラーさん、サマンサ・モートンさん、ジェン・マーレイさん、フェイス・ウッド=ブラグローブさんらが挙がっています。




 

まとめ

来年冬ということで、まだまだ最新作は情報が乏しいですね。

 

詳細が待たれます。

 

ひとつだけ言えるのは、かなり、これまでの『ハリー・ポッター』とは作風が変わりそうである、ということ。

 

しかし、J・K・ローリングの『ハリー・ポッター』の最新作です。

 

期待は裏切らないでしょう!

 

 - 映画