エンタメトレンド

ネット界で光の如く飛び交う、ホットな話題を集約

*

湊かなえ『少女』が映画化!あらすじネタバレやキャストは?

      2016/05/05

「イヤミス(読んだ後嫌な気持ちになるミステリー)の女王」と呼ばれる湊かなえさん。

湊かなえさんといえば、いまだにデビュー作『告白』が印象深いですが、この記事で紹介します『少女』も名作!

 

『告白』はすでに映画化済みですが、『少女』も同様に映画になります!

ファンにはうれしいでしょう。

未読の方は急いで読みましょう(笑)

 

 

映画『少女』のあらすじネタバレ、そして気になるキャストとは!?

※ネタバレが嫌な人はご注意を!※

 

湊かなえ『少女』が映画化!

41kd+xRoFDL._SX347_BO1,204,203,200_

湊かなえさんの『少女』は、発行部数100万部以上という大ベストセラー!

作家の印税は1割ですから、単行本と文庫本とで湊かなえさんの印税額は1億近くはいったでしょうか?

といったことは置いときまして……(笑)

 

この『少女』は『告白』『N のために』などと並ぶ湊かなえさんの代表作なのですが、このたび、三島有紀子監督にて、映画化されることになりました!

この映画化となった『少女』は、『告白』の次に発行された湊かなえさんの小説です。

ということは、湊かなえさんのキャリアも長くなってきましたし、わりと初期の作品ということになりますね。

湊かなえさんのファンにとっては、待望の映画化というところでしょう。

映画には小説とは違った味わいがあります。

 

また、小説を読まない人はけっこういますが、映画を観ないという人はあんまりいません。

だれでも、DVDレンタルくらいしているでしょう。

そこで、湊かなえさんの作品を、より多くの人々にPRするということにもつながるわけです!

もちろん、湊かなえさん本人がもっとも得をする事は言うまでもありません(笑)

 

湊かなえ『少女』のあらすじネタバレ!

映画『告白』は、女教師による独白、生徒による独白、保護者による独白などを組み合わせたという手法で、ストーリーもですが、構成が絶賛されました。

ちょっと、ラストのオチが映画むけすぎるかな、と呼んだ当時は思いましたが(笑)

 

さて、映画『少女』のあらすじネタバレです。

 

文字どおり、映画『少女』のキーパーソンは少女。

由紀敦子という少女です。

AKBの柏木さんと前田さんを意識したものではないと思われます(笑)

で、この2人の少女が、なんと、「人が死ぬのが見たい」という異常な衝動に駆られるわけです!

まさに「イヤミス」!

由紀は、転校生の紫織から、親友の自殺を目撃したことがあると告白され、これを自慢話のように受け取ります。

そして、死体ではなく、人が死ぬ瞬間が見たい!と思うのです。

 

一方、自殺したいと考えたことがあるという敦子は、死体を見ると死を悟ることができ、自分を強くできるのではないかと考えはじめます。

ヤバすぎる展開です……。

由紀も敦子も、それぞれ、相手には告げないで、老人ホームと小児科病棟へボランティアに行くことになります。

もちろん真の動機は人が死ぬのが見たいから!

季節は「夏」。

由紀と敦子の異常な夏休みは、どのような展開をたどるのか!?

 

 

 

では、ネタバレです。

『告白』もでしたが、『少女』も、ラストの急展開がすごい!

ラストで、紫織の親友の自殺の真相が明らかになり、『少女』に関するすべての謎が一気に解けるのです。

ミステリーには桐野夏生さんの某作、恩田陸さんの某作のように、オチが分からないまま終わるというものもありますが、こういう解答(ネタバレ)がハッキリ明示される方が、
読者にとってはありがたいでしょうね(笑)

 

ただ、異常なジャンルとはいえ、『少女』は青春ストーリーともいえます。

 

湊かなえ『少女』のキャストはだれ?

映画『少女』はこのように魅力的ですが、では、キャストはどうでしょう?

 

由紀役は本田翼さん、敦子役は山本美月さんです!

c8AFwJ04 20150627010557

girl_01

さすが、ベストセラーの映画化だけあって、豪華キャストですね。

 

本田翼さんは明るいキャラで知られますが、女優としても、明るいキャラを演じることが多かったので、由紀の役は不安だったといいます。

が、撮影中、湊かなえさんから適役だとほめてもらえたとかで、とても感激したようですね。

山本美月さんも、明るいキャラが多めで、やはり最初は戸惑いもあったといいます。

でも、最終的には楽しみながら芝居ができたみたいです。

 

さて、この本田翼さんと山本美月さんは、共演するのはこれが初めてではなく、もう4回目になるそうです。

ということは、ある程度、信頼関係も出来ていることでしょう。

視聴者としても、安心して映画を観ることができるのではないでしょうか。

 

まとめ

映画『少女』の解禁が非常に待ち遠しいですね!

作者も人気、原作も人気、おまけにキャストも豪華とくれば、観に行くしかありませんよね?

 

もっとも、映画『少女』は映画『告白』のような派手な展開にはならないようです。

とはいっても、湊かなえさんのファンであれば、最近の作風はこうしたものが多いですから、逆に、納得して観られるのかもしれませんね。

 

 - 映画