エンタメトレンド

ネット界で光の如く飛び交う、ホットな話題を集約

*

007スペクターの東京や大阪の先行上映は?あらすじについても!

      2016/02/27

007シリーズの最新作である『007 スペクター』が、ついに12月に公開されますね。

 

しかし、これに先行して、11月から全国の一部劇場で上映され、鑑賞することが可能となっています!

 

ここでは、気になる先行上映の詳細や、007シリーズの最新作のあらすじなどを取り上げてみました。

 

世界中で絶賛の『007』シリーズ

Skyfall

ショーン・コネリー、ジョージ・レーゼンビー、ロジャー・ムーア、ティモシー・ダルトン、ピアース・ブロスナン、そしてダニエル・クレイグ。

 

このように、これまで、6人もの名優によって演じられてきたジェームズ・ボンド。

 

「原作に忠実」と呼ばれたティモシー・ダルトンやダニエル・クレイグ、個性的とされたロジャー・ムーア、出番が1度きりだったジョージ・レーゼンビーと、ジェームズ・ボンドもいろいろです。

 

過去には、『死ぬのは奴らだ』といった王道作品もあれば、『ムーン・レイカー』のように、「異色」といわれる作品もありました。

 

こういった、つねにマンネリでない、時代の流れに沿った配役や変革こそが、『007』シリーズの長寿の秘訣と言えるでしょう。

 

『007 スペクター』のあらすじ

9493ea4e2b7486a3f210b8c35f95bc4665ca6bbe

『007 スペクター』は、『007』シリーズの24作目。

 

ジェームズ・ボンド役は6代目のダニエル・クレイグが引き続き務めます。

 

舞台は、メキシコシティ。

 

ここで、年に一度の祝祭である「死者の日」が開かれる日……。

 

ジェームズ・ボンドは窓越しの男に狙いを定めるものの、その手から逃れた男は、ジェームズ・ボンドと格闘に!

 

結局、男はヘリコプターから落下してしまいます。

 

そのときに、ジェームズ・ボンドは男の手から、長年の宿敵である組織、「スペクター」のマークが刻まれているリングを抜き取りました。

 

はたして、スペクターの狙い、そして、ジェームズ・ボンドが展開する壮絶なバトルの行方は……?

 

このスペクターとジェームズ・ボンドは、シリーズ初期からの因縁があります。

 

実は、ジェームズ・ボンドは妻と死別しています。

 

なんとなく妻帯していたというイメージがわきませんが、『女王陛下の007』でトレーシーという女性と結婚するものの、早々にスペクターに彼女を○されるのです。

 

『ユア・アイズ・オンリー』では、そんな妻の墓参りという感傷的なシーンも……。

 

ジェームズ・ボンドとスペクターの攻防から目が離せませんね。

 

『007 スペクター』の東京や大阪の先行上映は?

20140212_hoken01

『007 スペクター』は、すでに10月26日に、イギリスでプレミア上映され、11月7日にアメリカで公開されています。

 

日本では12月4日に公開される予定となっていますね。

 

ところが、12月4日の公開を前に11月27日から11月29日の3日間、全国の劇場で先行上映が行われます。

 

これはファンにとっては願ってもいないことですね。

 

しかも、この先行上映を鑑賞するには、すでに発売されている前売鑑賞券だけで鑑賞することができます。

 

たった1週間早いだけとはいえ、ファンにとっては、たまらないことでしょうね。

 

さて、本題の先行上映なのですが、全国の一部劇場でされることになっています。

 

東京では「シネマサンシャイン池袋」大阪では「ユナイテッドシネマ岸和田」などで先行上映を鑑賞することができます。

 

さらに、大阪では、「阪急メンズ大阪」において、記念キャンペーンが、11月9日から12月4日まで開催されています。

 

ここでは、なんと、世界に10台しかないという『007 スペクター』のボンドカー(アストンマーティンDB10)が11月18日~11月19日に展示されます。

 

ファンの方には垂涎ものですね!

 

まとめ

ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンドも早いものでもう、10年くらいになりますね。

 

当初は「金髪」を理由に不評だった彼も、「原点回帰」への評価は年々高まっています。

 

次作も続投なのか、別人になるのかも大変気になりますね。

 

 - 映画