エンタメトレンド

ネット界で光の如く飛び交う、ホットな話題を集約

*

高畑充希が歌うCMまとめ!かんぽ生命の歌唱力が話題に?

      2017/11/02

「若手実力派女優、高畑充希さんがCMで歌う歌唱力が話題になっているのでまとめました!!」

mqdefault[3]

かんぽ生命の新CMに新しい顔が生まれました。

 

女優の高畑充希さんがかんぽ生命保険の新CMに出演し、抜群の歌唱力を披露していることが最近話題となっています。

 

今回のかんぽ生命のCMに限らず、数々のCMで華麗な歌声を披露し、視聴者を釘づけにしている高畑充希さん。

 

果たして、高畑充希さんがここまでCMに多く起用される理由とは何だったのでしょうか。早速、調査をしてみたいと思います。

 





かんぽ生命の新CMに起用された高畑充希さん…”歌える女優”を発揮して好演!

さて、かんぽ生命の新CMで注目を集めているのが、ミュージカル風の演出が多数見られる点です。

 

今回のCMについて、歌手の椎名林檎さんのオリジナル楽曲を、高畑充希さんが抜群の歌唱力で歌い上げるのだけあって、CM中もこれまでの実績を最大限に発揮して、視聴者から印象に残るものとなっています。

 

中でも、以下のセリフをミュージカル風にダイナミックな歌唱力で歌い上げている、高畑充希さんが印象深い点です。

 

「それは人生 わたしの人生~♪」

 

「ああ 誰のものでもない~♪」

 

「焦らず笑って前を向いたら~♪」

 

「この人生は、夢だらけ~♪」

 

一度耳にしたら、楽曲と共に印象に残るミュージカル風のセリフ。

 

どのセリフをとっても、高畑充希さんのこれまで鍛えられた舞台と言う実績の強みを全面に出したCMに仕上がっていることが伺えると同時に、高畑充希さんのために用意されたCMであると思います。

 

かんぽ生命のCMはもちろんのこと、高畑充希さんの舞台で培ってきた強みを全面に出したCMは他にもあります。

 

高畑充希さんのCMまとめ…歌で勝負する彼女の名シーン

かんぽ生命のCMの他に、NTTドコモのCMに出演している高畑充希さん。

これから紹介するCMについて、高畑充希さんの得意な歌がポイントになってくるものばかりとなっています。

 

まずは、俳優の堤真一さんと共演した、「特ダネを追え!永遠に光」篇です。

 

人気アーティスト、コブクロの大ヒット曲「永遠のともに」の替え歌「ドコモ光 ドコモ光 君も光 僕も光 父も光 母も光 いつも光 ドコモ光~♪」をステージで大熱唱している高畑充希さんの姿が印象的です。

 

 

続いては、俳優の綾野剛さんと共演した、「特ダネを追え!ズンドコモ節」篇です。

 

またしても舞台をイメージしたセットになっており、舞台女優である、高畑充希さんに見合ったセットでCMに出演しているのが伺えます。

 

キラキラのラメが入ったジャケットを着た高畑充希さんはステージ上で、氷川きよしさんの「きよしのズンドコ節」の替え歌「ズン ズンズン ズンドコモ♪」を腰を振りながら気持ちよく歌っているのがとても印象に残るCMになっています。

 

NTTドコモのどちらのCMを取っても、声のトーンが素晴らしく良く、”歌える女優”であることを彷彿させるCMであることが伺えます。

 

ミュージカルで鍛えた歌声で視聴者を釘づけに!高畑充希さんの抜群の歌唱力の裏側

th[5]

~高畑充希さん プロフィールとエピソードのおさらい~

・生年月日:1991年12月14日(24歳)

 

・出身地:大阪府東大阪市

 

・身長:158cm

 

・血液型:AB型

 

幼い頃から、『オペラ座の怪人』等に親しみ、同じクラスの子は当時のアイドルやJポップの曲を好んで聴いている中で、高畑充希さんは『レ・ミゼラブル』と言ったミュージカルのサウンドトラックを好んで聴いていたことから、この時期から、舞台に関する興味の高さが伺えます。

 

やがて、小学校から中学校までの間に舞台、芸能事務所のオーディションを数十回受けていたものの、全て落ちてしまった経験があります。

 

その一方で、オーディションが受からなかった時のことも考え、早稲田大学の演劇研究会へ入部することを目標に、小学校低学年から熟に通い猛勉強を行い、中高一貫校の有名私立中学校へと進んだ経歴を持っています。

 

やがて高畑充希さんにチャンスが舞い込んで来ました。

 

高畑充希さんは、所属事務所が当時創業45周年を記念して主催した『山口百恵トリビュートミュージカル プレイバックpart2~屋上の天使』のオーディションで主役を獲得した所から始まりました。

 

2007年にはミュージカル『ピーターパン』の8代目ピーターパン役に大抜擢され、6年間に渡って『ピーターパン』の舞台に出演しました。

その実力が後に、舞台『奇跡の人』、『美男ですね』、『コーヒープリンス1号店』と言った作品に主役として務め上げるきっかけになりました。

 

2013年にはNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』に出演し、テレビドラマでも舞台女優としての実績を発揮しました。中でも、『ごちそうさん』の脚本家が高畑充希さんの歌声に惚れ込んで、当て書きでドラマの1シーンで歌唱シーンを追加したというエピソードがあります。

 

その劇中歌「焼氷有りマスの唄」が視聴者を魅了し、注目を集めたことが、その後の高畑充希さんのブレイクへ発展していきました。

 

このように高畑充希さんは、ミュージカル女優として”歌える女優”のために鍛え上げられたと言っても過言ではありません。




 

まとめ

かんぽ生命の新CMで、抜群の歌唱力で視聴者に好印象を与えていると話題になっている、高畑充希さん。

 

これまでにCM女王と呼ばれたタレントの皆さんの共通点の一つとしてキャラクター性を評価されていることに対し、高畑充希さんは歌唱力という名の武器を評価して頂けたことが、今日のCM出演につながっていると思われます。

 

かんぽ生命のCMに限らず、多数のCMで高畑充希さんの歌や声を聞くことで視聴者から好印象を与え、更には、広告の宣伝効果までも上がるという利点が続いていくことが伺えます。

 

キャラクター性はもちろんのこと、歌唱力で勝負する高畑充希さん。

今後の活躍次第では、”歌える女優”の高畑充希さんが、新CM女王になる可能性があるかもしれません。

 

幅広く活躍して、高畑充希さんの名を更に全国へ浸透していけるように、今後の活躍を期待したいと思います。

 

 - CM