エンタメトレンド

ネット界で光の如く飛び交う、ホットな話題を集約

*

ドラマ『そして誰もいなくなった』ネタバレとキャスト紹介

      2017/11/01

藤原竜也さんを主演に向かえた注目のドラマ!

それが、『そして誰もいなくなった』です。

E897A4E58E9FE7AB9CE4B99FE381AEE4B8BBE6BC94E38389E383A9E3839EE3808EE3819DE38197E381A6E38081E8AAB0E38282E38184E381AAE3818FE381AAE381A3E3819FE3808FE78E89E5B1B1E98984E4BA8CE38081E9B

藤原竜也さんといえば、先日亡くなった蜷川幸雄さんが育てた名優!

しかも、作品も、かなり本格的なミステリードラマといえるときたものです。

どういうあらすじ、ネタバレとなるのでしょうか……?

 

ここでは、『そして誰もいなくなった』のあらすじだけではなく、ネタバレや、キャストなども調べてみました。

それでは、『そして誰もいなくなった』の気になるあらすじ、ネタバレなどを見ていきましょう!




 

『そして誰もいなくなった』のあらすじ

藤堂新一は、L・E・Dという、大手の会社の社員です。

社内ではホープとして期待されており、上司や部下にも信頼され、おまけにルックスも抜群。

小山内保など、友人関係もうまくいっており、彼女の倉元早苗とも婚約し、絶好調でした。

そう、「あの日」が来るまでは……。

ある日、あまりにも想定外なかたちで、彼の人生はめちゃくちゃにされて行きます。

「藤堂新一」という、彼とは別人である同姓同名の男が逮捕されたのです。

が、なぜか、それが原因で、LEDの藤堂新一にも災難が……。

逮捕された藤堂新一に、L・E・Dの藤堂新一の人生が乗っ取られていくのです。

次々に襲う不可解な事件のなか、彼はみずからの運命に立ちむかいますが……。

 

『そして誰もいなくなった』のキャスト

f9c438eed254563d356fd78ec090cf47

『そして誰もいなくなった』のメインキャストは藤原竜也さんです。

藤堂新一役ですね。

 

では、それ以外の『そして誰もいなくなった』のキャストも見ていくことにします。

藤堂新一の大学生時代におなじゼミだった小山内保役は、玉山鉄二さん

現在も藤堂新一の友人であり、総務省に勤務するエリート官僚です。

なにかと藤堂新一を助けてくれますが、実はもうひとつの顔が……?

 

藤堂新一の母親である藤堂万紀子役は黒木瞳さん。

夫を亡くし、看護師をしながら息子の藤堂新一を育ててきました。

しかし、過去にある事件に巻き込まれて、看護師を辞めています。

 

なんだか、謎めいた登場人物ばかりのドラマのようですね。

それにしましても、藤原竜也さんだけにとどまらず、玉山鉄二さんに黒木瞳さんとは、すごいキャストですね!

これら以外で重要な役柄となる、藤堂新一が通うバーのオーナーの日下瑛治役や、藤堂新一の婚約者である倉元早苗役については、後ほどキャストが発表されるとのことでした。

 

『そして誰もいなくなった』のネタバレ・原作との違いについて

『そして誰もいなくなった』のネタバレと原作との違いについても、調べてみました。

しかし、ここで、かなり意外なことが分かってきました。

 

実は、ネタバレに関してはわかっていないのです。

どういうことかといいますと、これまた意外なことに、『そして誰もいなくなった』には、原作は存在せず、オリジナル脚本によるドラマだったからなのです。

てっきりアガサ・クリスティーの同名小説が原作で、その日本版のリメイクかと思ったのですが両者は関係ありません

つまり、原作がない以上、ネタバレのしようがなく、気長に『そして誰もいなくなった』を見ていくしかなさそうですね。

もしアガサ・クリスティーの同名小説が原作であれば、ネタバレはある程度できます。

しかし、実際には関係ありませんので、そっちのネタバレはしません(笑)

 

『そして誰もいなくなった』についての反応

huzihara

第一にキャストが豪華であることば注目されています。

ドラマ『ST』以来となる藤原竜也さんや朝の連続ドラマ小説『マッサン』で人気の玉山鉄二さん、黒木瞳さんがキャストとして選ばれており、この面々を見てぜひこのドラマが見てみたいという声は多いです。

さらに発表されるキャストにも注目ですね!

特に藤原竜也さんは映画『カイジ』や『るろうに剣心』などの評価も高く、また今回の役柄が「どん底」であることからまた『カイジ』と同じような迫真の演技を見ることができると言われています。

 

内容については同姓同名の人が逮捕され、その後個人情報が乗っ取られていくという本格ミステリーです。

登場人物が全員怪しく藤原竜也さんがそこにどう立ち向かっていくかや、予想を裏切る展開が続くそうで「海外ドラマのような日本のドラマ」目標にしているそうでミステリーファンからも期待されています。

 

あとやっぱりこのタイトル「そして誰もいなくなった」についての意見が多いですね(笑)

アガサ・クリスティーの名作の名前と同じことや2015年に『オリエント急行殺人事件』がドラマ化されていて今回もその実写化だと思っている人が多いそうであらすじを読んだとき混乱した人もいたとか。

これから増える情報にも期待ですね!




 

まとめ

『そして誰もいなくなった』とくれば、どうしてもアガサ・クリスティーをイメージしてしまいます。

しかし、あの『そして誰もいなくなった』とは無関係だったのですね。

ネタバレが不明ということで、どういうネタバレになっていくのかは、実際に放送を見ないと分かりません。

早く始まってほしいものですね。

 

 - ドラマ