エンタメトレンド

ネット界で光の如く飛び交う、ホットな話題を集約

*

M-1のジャルジャルはつまらなかった?ネタ内容と評価について

      2016/02/27

M-1グランプリ2015」にジャルジャルが出演しましたが、つまらないと評判になっています!

 

そんなにつまらないネタだったのでしょうか?

 

また、評価も正当ではないと噂されています。

 

M-1グランプリのジャルジャルを振り返ってみましょう。

 

『M-1グランプリ2015』のジャルジャルはつまらなかった?

20110121090810

2015年12月6日に放送された「M-1グランプリ2015」のジャルジャルのネタつまらなかったと話題になっています。

 

まさに5年ぶりに開催されたM-1グランプリです。

 

視聴率も17.2%でかなり良い数字ではありました。

 

そんなM-1グランプリですが、ジャルジャルへの批判が集まってしまいました。

 

ジャルジャルは後藤淳平さん(立ち位置は向かって左)と福徳秀介さん(立ち位置は向かって右)のコンビです。

 

2人とも関西第一高校から関西大学へ進学している同級生コンビです。

 

そうそう、M-1でも「同級生」を「同窓生」と言って笑いを取ろうとしていましたが、あまり笑えません。

 

わざとらしくて、同じ言葉を何度も言っても笑えない感じがしました。

 

番組では司会者の上戸彩さんが笑っている場面が何度も映されましたが、本当に面白いと思ったのでしょうか?

 

あんな場面では司会も笑わなくてはならないので大変そうに見えました。

 

ジャルジャルは、ネタは2人で考えているようですね。

 

正直ジャルジャルのネタは言葉遊びです

 

テンポよく同じ言葉を続けて言って、どちらかがツッコむというパターンです。

 

ちなみにボケとツッコミは決まっていないそうです。

 

なんか同じような人が2人いるように見えたのは私だけでしょうか?

 

言葉遊びがしつこ過ぎて何か不快感を感じました。

 

あれで、面白いと本当に思っている人がいるんでしょうかね。

 

「世間のジャルジャルの評価は?厳しい!」

?

M-1グランプリが放送している途中でも、ネット掲示板などで出場者であるジャルジャルへの厳しい意見が数多く見られました。

 

ジャルジャルが第一ラウンドで最高点の834点を叩き出し1位通過すると、「ジャルジャルは本当に嫌い!」

 

「ジャルジャル以外なら優勝は誰でもいい」というコメントがネットに殺到してしまいました。

 

本当に嫌われているんですね。

 

また、ジャルジャルに高得点を付けた審査員のチュートリアルの徳井義実さんにまで、バッシングが集まってしまいました。

 

ジャルジャルが嫌われていて、ジャルジャルを評価した人まで非難されてしまうなんてかなりの問題ですね。

 

ジャルジャルが嫌われている理由は何だろう?

ジャルジャル

M-1グランプリは漫才を競う大会ですね。

 

ジャルジャルは既存の漫才の流れを崩したスタイルをネタで披露することが多いため、正統派を好むお茶の間では受け入れにくいと言われています。

 

更にジャルジャルのルックスにも理由があります。

 

ジャルジャルは最初、アイドル的な部分で人気を集めて、どこか気取ったような空気を持っていたため色眼鏡で見られやすいことが理由です。

 

決定的なことが起こったのは2011年の27時間テレビでした。
福徳秀介さんが復帰間もないナイナイの岡村隆史さんに対して、バスケットボールを何度もぶつけたことでネットでは「イジメだ!」と炎上してしまいました。
普通先輩芸人さんにバスケットボールを何度もぶつけませんよね。
あくまでもバラエティのノリでぶつけたのですが、元々好感度が高くなかったため、それを機に更に嫌われキャラが定着してしまいました。

 

とんねるずの石橋貴明さんもジャルジャルとは共演NGのようです。
石橋貴明さんは後輩の面倒見がいいことで知られていますが、基本的に関東の芸人は誰でもウェルカムなようですが、関西の芸人さんでは交流のある人は限られているようですね。

 

ジャルジャルは大物芸人さんにも嫌われてしまうと、これから仕事がしづらくなるのではないでしょうか。

 

「ジャルジャルが高得点を取れるのはどうして?」

ネタもつまらなく、性格的にも難ありのジャルジャルなのですが、どうしてM-1で高得点を取れるのでしょうか。

 

不思議に思っている人も多いでしょう。

それは、M-1の審査員が吉本興業の芸人さんばかりだから高得点を取れると言われています。
まさに身内に点数を付ける訳ですからね。
どうしても甘くなります。
噛んだり間が悪いとグズグズになりそうなネタを、噛まずにやり切ったことが評価されたのではないかと言われています。
まさしく、芸人さんから見た評価ですね。
一般の人にウケるかどうかではないようです。
ハライチは噛んだり間も悪かったので評価は良くありませんでした。

そういうことから考えると、M-1ではジャルジャルの「技術」が評価されたんでしょうね。
最初から、M-1は吉本興業の芸人さんが優勝する出来レースとも言われています。

 

「まとめ」

ジャルジャルの漫才が好きという人ももちろんいます。

 

しかし、つまらないと思っている人が多数ですね。

 

同じことを何度もやったり、同じ言葉を何度も言うネタはそのうち飽きられてしまうでしょう。

 

今後のジャルジャルさんがちょっぴり心配です、、。

 

 - お笑い