エンタメトレンド

ネット界で光の如く飛び交う、ホットな話題を集約

*

映画『妖怪ウォッチ』第1・2弾のストーリーと評価まとめ!

      2017/11/03

ゲームから、多様なメディア展開をみせ、ついには映画化となった『妖怪ウォッチ』。

 

ここでは、そんな映画『妖怪ウォッチ』のストーリーについて、まとめてみました。

 

映画『妖怪ウォッチ』の第1弾と第2弾のストーリーとは?

 

評価もまとめてみました!




 

『妖怪ウォッチ』とは?

21a884f0

映画『妖怪ウォッチ』は、ニンテンドー3DS専用ゲームソフトが原作です。

 

『イナズマイレブン』シリーズ、『ダンボール戦機』シリーズに続くレベルファイブのクロスメディアプロジェクト作品となっています。

 

二作品と同じように、コミックやアニメなどによるメディアミックスを前提として企画されました。

 

2013年7月11日にニンテンドー3DSソフト『妖怪ウォッチ』が発売されます。

 

2014年1月8日からは、テレビアニメ版が放送されたことで注目を集めることに。

 

7月10日には、続編の『妖怪ウォッチ2 元祖&本家』が発売されます。

 

すると、発売から4日間でパッケージ版の販売本数が120万本越えという快挙!

 

早くも『妖怪ウォッチ』の発売本数を上回りました。

 

さらに、『妖怪ウォッチ』は映画化され、『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』が、2014年12月20日より公開されました。

 

当作品のキャッチコピーは、「何があっても、友達は守る!!」。

 

そして、映画『妖怪ウォッチ』は、第2弾となる『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』が、2015年12月19日より公開予定です!

 

ちなみに、レベルファイブのクロスメディアプロジェクト第4弾である「スナックワールド」の短編が、『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』と同時に公開される予定ですよ。

 

映画『妖怪ウォッチ』第1・2弾のストーリー

まずは、映画『妖怪ウォッチ』第1弾のストーリー。

yokai-w
妖怪執事であるウィスパーから、妖怪を見られる「妖怪ウォッチ」を渡されたケータ。

 

そんな彼は、彼の前に現れる妖怪と戦ったり友達になったりという、現実離れした日々を送っていました。

 

ある夜、寝ていたケータの腕から妖怪ウォッチが突然消えてしまいます。

 

デカニャンから「友達を助けてくれ」と頼まれたケータは、手がかりを探しに、おばあちゃんの家があるケマモト村へと向かいます。

 

このあと、ストーリーは急展開

 

フユニャンと運命的に出会ったケータは、妖怪ウォッチを取り戻そうと、ウィスパー、ジバニャンとともに60年前の過去の世界にタイムスリップ!

 

ストーリーがますますSFっぽくなっていきます。

 

それから、ストーリーは核心へ。

 

妖怪ウォッチタイプ零式の誕生の秘密がついに明かされるのです。

 

 

 

次に、ここからが映画『妖怪ウォッチ』第2弾のストーリーになります。

0b079b006123ad5c75cec1b2c8fe770f
……といいたいところですが、実はまだ、映画『妖怪ウォッチ』第2弾のストーリーは公開されていません!

 

でも、声優発表のさいに、ちょっとではありますが、ストーリーがどのような内容になるか明かされているんですね。

 

まず、映画『妖怪ウォッチ』第2弾の主人公は、ケータに加え、イナホという人物が登場します。

 

そして、作中では、同時に5つのストーリーが展開されるということらしいです。

 

ジバニャンの飼い主とのストーリーが展開されるストーリー、サンタクロースの妖怪が登場するストーリー、ぬらりひょんと対決することとなるストーリーなどが、公開されるといいます。

 

映画『妖怪ウォッチ』第1・2弾の評価は?

20140212_hoken01

映画『妖怪ウォッチ』は、評価が分かれている感じですね。

 

まずは、ジバニャンが車に轢かれるシーンが『デッドコースター』みたいで怖かった、作画がよかった、といった、好意的な意見がみられます。

 

しかし、その一方で、ネタはいいのにすぐに解決してしまうから味気ない、ウィスパーが味方の攻撃でやられ、ジバニャンが溶岩に溶けそうになるのをギャクにするのに対して、違和感を感じた、など、否定的な意見も。

 

子ども向けの映画とはいえ、やはり視聴者は鋭いものですね。

 

当たり前のことかもしれませんが。




 

まとめ

こうした、ゲームが映画に発展した作品といえば、ほかにもいろいろあります。

 

有名どころでは『バイオハザード』など。

 

これらがみんな興行的に成功しているところを見ますと、今後も、こうした作品は増えるのかもしれません。

 

 - アニメ