エンタメトレンド

ネット界で光の如く飛び交う、ホットな話題を集約

*

さまぁ〜ずが消えそうな理由は?セクハラやイジメ問題の詳細も

      2017/10/31

th9Y7ZQ8FW

結成当初はバカルディとして活動を始めて28年、2000年に改名してからもお笑い界で安定した人気度を誇っているコンビの一組に、さまぁ~ずの存在があります。

 

1989年のデビュー後、シュールな芸風で、ボケの大竹一樹さんとツッコミの三村マサカズさんの2人が織りなす化学反応が、見ている人を爆笑の渦に引き込んで行くのが2人の特徴であると思われます。

 

バカルディとしての人気に陰りが見えた中、ウッチャンナンチャンの助言でさまぁ~ずに改名したところ、再ブレークを果たすことができ、今や、テレビのバラエティー番組で無くてはならない存在へ進化して行きました。

 

また、さまぁ~ずオリジナルの雰囲気を醸し出しながらも、隔年でお笑いライブをする意欲もあることから、尊敬する若手芸人が多いとされています。

 

しかし、時期が経つに連れ「さまぁ~ずが消えてしまうのではないか!?」という噂が流れるようになりました。

 

その背景には、テレビ番組での出演者に対する嫌がらせ、ネット上を中心とした有名人に対する擁護や批判の声が拡散して行く中で、さまぁ~ずに対する不信感を抱く人が徐々に増えてしまったとされています。

 

果たして、どのような行動や言動を元に、さまぁ~ずは消えてしまうのではないかと噂されているのか調査したいと思います。




冠番組で女性アナウンサーをいじり過ぎてネット上が大炎上!!

ooe[1]

さまぁ~ずの冠番組として人気を博している、『モヤモヤさまぁ~ず2』(テレビ東京系)内での出来事でした。

 

アシスタントレギュラーとして出演した大江麻理子アナウンサーですが、さまぁ~ずは溺愛しており、番組内では和気あいあいとした雰囲気で番組を進行していたことから、番組を卒業する際、三村マサカズさんは号泣してしまったというエピソードがありました。

thDJR10T8K

そして、大江麻理子アナウンサー卒業の後任として、狩野恵理アナウンサーがアシスタントレギュラーとして加入した際、番組内の雰囲気はがらりと変わってしまいました。

 

番組の企画で、さまぁ~ずは狩野恵理アナウンサーの食事の仕方、英語の発音等、隙がある度に「狩野恵理は気に入らない!!」と、パワハラ的なシーンが番組内で度々見られるようになりました。

 

そして、今年の7月には『もやもやさまぁ~ず2』の卒業を表明した狩野恵理アナウンサー。

卒業の理由として、『そろそろ新しい分野にも一歩踏み出さないといけないと思いました』と話していましたが、裏では、狩野恵理アナウンサーから卒業を申し出たようだとテレビ関係者は話しています。

 

狩野恵理アナウンサーの卒業表明に対して、三村マサカズさんは自身のTwitter上で次のように呟いていました。

「こっちも複雑な気持ちですが、新たな狩野アナの旅立ち!応援したいな」

先述の大江麻理子アナウンサーの卒業時と比較すると、狩野恵理アナウンサーの卒業について、先述の呟きで済ませてしまうことから大きな温度差を感じてしまいます。

 

『もやもやさまぁ~ず2』を見た一部視聴者及びテレビ関係者からは結果的に次のような声が挙がってきました。

「さまぁ~ずの3年半に及ぶいじめに耐えたけどもう限界だったか…」

「さまぁ~ず側がプロデューサーに対して、狩野アナ交代の要望を出した可能性も捨てきれない!!」

「番組を見ていて、狩野アナをただいじめているだけに見える!!」

「さまぁ~ずは、完全に狩野アナに対してパワハラをしていることが伺える!!」

その他、三村マサカズさんの奥様からは『狩野アナウンサーに厳し過ぎる!!』とさまぁ~ずを注意する所まで進展してしまいました。

 

さまぁ~ず側としては、これまで培った番組の雰囲気を壊したくないがために、敢えて、狩野恵理アナウンサーにきつい言葉を次々と投げかけているようですが、視聴者やテレビ関係者からすると、あまりにも度を越えた嫌がらせをしていると捉えられ、狩野恵理アナウンサーを追い込んでしまったと言っても過言ではないと思います。

 

まさに、番組を見ている視聴者やテレビ関係者からすると、”もやもや”する結果になってしまいました。

 

女性芸能人に対する下ネタ・セクハラめいた言動でネット上は更に大炎上!!

thZRD4ROVO

女性芸能人を下ネタやセクハラめいた言動でいじり倒すことでも有名なさまぁ~ず。

特に三村マサカズさんの言動に対して、三村アンチが増殖する結果になるほどの大事件が発生しました。

 

近年は、セクハラと言った性暴力を巡って、社会的な目線が大きく変化し、テレビの業界でも例外ではなくなってしまいました。

 

そのような時代変化を読めない三村マサカズさんは、女性グラビアアイドル、女性お笑い芸人の胸を揉んでいるシーンがテレビ上に流れ、結果的にネット上を大炎上させたことがあります。

 

番組を盛り上げるためにやっていたのかどうかについては定かではありませんが、少なくとも公共の電波を使って、相手を不快な思いにさせても全く問題ないと感じている、さまぁ~ずの言動には疑問が生じてしまうのは確かです。

 

三村マサカズさん…Twitterで好感度をガタ落ちにさせるエピソードが!

thPXFB6BP5

更に、三村マサカズさんについて、連日のように自身のTwitterで様々な呟きをしているようですが、その呟きが好感度をガタ落ちにさせる結果になっていることがいくつもありました。

 

三村マサカズさんは自称「Twitter依存症」と述べる位にはまっており、ことあるごとにツイートしているのが現状です。

 

ツイート内容について、さまぁ~ずがレギュラー番組として7本抱えている中でテレビ局自体を批判する内容であったり、不倫騒動で揺れたベッキーさんを擁護する内容であったり、女性お笑い芸人のハリセンボンを批判したりと、三村マサカズさんのTwitterは定期的に炎上してしまい、ちょっと意見を呟いただけで、「三村マサカズはご意見番気取りか?」と言った声が挙がって来ます。

 

筆者が思うのは、三村マサカズさんはTwitterを通して、「自分は芸能界で偉い立場にいるんだぞ!!」と言う、上から目線的な考えを秘かに発していることが伺えます。

 

Twitterを定期的に大炎上しているということは、それだけ、三村マサカズさんの声に共感を得ることが出来ない人が多数いることが言えます。

 

このまま好感度をガタ落ちしてしまうのは、もはや時間の問題になるかもしれません…。




 

まとめ

後輩芸人からも慕われる、中堅芸人として、様々なテレビ番組やお笑いライブに力を入れるさまぁ~ず。

 

しかし、ここ最近の2人の言動から言うと、じわりじわりと好感度が下がっている状態にいると思います。

 

現代のエンターテイメントでは全く通用出来ていない部分が多数あるということを、さまぁ~ずの2人は早く気づかないと、さまぁ~ずは消えてしまうと思います。

 

生き残りをかけて、さまぁ~ずの今後の言動に注視する必要があると思いました。

 - お笑い