エンタメトレンド

ネット界で光の如く飛び交う、ホットな話題を集約

*

田中みな実の写真集解禁で見えた、女性にもウケる秘訣!下着でも魅力全開!

   

田中みな実

 

社会現象となっている田中みな実さんの写真集。

まさかここまでの大ヒットとなることは、誰も想像していなかったでしょう。

下着姿全開の秘蔵ショットが満載で、男性ファンがターゲットの中心であったように思われていましたが、実はその大ヒットのその原動力となったのが、女性ファンであったということなのです。

田中みな実さんと言えば、女性の敵のようなイメージが付きまとっていましたが、ついにその呪縛から開放されたということでしょうか。

写真集解禁で女性にもウケるようになった要因は何なのか、気になるところを深堀りしていきたいと思います。

 

 

田中みな実さんもびっくりの大ヒット写真集

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

田中みな実写真集【公式】(@minamitanaka_official)がシェアした投稿

 

昨年10月18日の予約開始からAmazon本順位総合で1週間1位を取得し、宝島社の写真集では最高部数となる初刷部数12万部を達成。

予約が押し寄せしたためリリース前の重版で22万部、解禁後他にもリリース3日後の重版で3刷り30万部を突破。

予約開始時に開設した期間限定のインスタグラムは、173万人に達した。

 

担当編集の宝島社書籍局・小寺智子氏は、

「売り出し前の予約部数、出版記念イベントへの応募者数、写真集公式Instagramのフォロワー数。解禁後どれをなかなか私たちの予想を遥かに上回り、彼女の圧倒的な高評価ぶりを目の当たりにしてきたこの1ヶ月」と振り返り、

「10代から60代まで、いろいろな世代の方々に手に取っていただけたおかげで、リリース1ヶ月で50万部を全うするする事ができました。引き続き男性、下着共々女子に各々の視点で味わってでいただけたら嬉しく考えます」と喜びのコメント。

 

そして、田中みな実さんもインスタグラムを通じて、「おかげさまで増刷が決まり、喜びと感銘と…とにもかくにも、信じられない想いです。最初に『Sincerelyyours…』を手にとってくださったおひとりおひとりに心より感謝申し上げます」とつづり、

「売れてくれではなく、1人でも多くの方に手にとってくれ。結果同じ事なんだけど、そう考えながら全身全霊をかけ、この写真集製作に携わってきました」と回顧。

スタッフ一人ひとりにも謝意を示し、「みんなの想いが込められた『Sincerelyyours…』が、今後更に多くの皆さまの元へ届きますように」と望みを寄せている。

 

大人の田中みな実を写真集で解禁

 

大人の田中みな実を解禁した本作は昨秋、スペイン・バルセロナにて撮影。

すっぴん写真も初公開し、無邪気な乙女のような笑顔から、32歳(撮影時)の大人女性の色気や下着の露出を感じさせるシーンまで、広範なチャームポイントを凝縮した。

タイトルの「Sincerelyyours…」は「敬具」を解釈し、「Sincerely」には「正直に」「心を込めて」という意味合いがある事から、「偽りのない、実際の田中みな実の姿を送りたい」という考えが込められている。

 

堂々なランジェリーショットでドキッとさせられる1枚があるのですが、それが美胸だったりするので、女性からすると自然な美しさに見える事もあるのでしょう。

そしてジーパン姿で上着をめくりあげると胸の下二分の一をチラッと見せているショットなどはまさしく“アダルトの色気”を感じさせてくれました。

そして、つい先月33歳になった彼女ですが、33歳に見えない若さも同居している点も放っておけません。

30歳超えてもあの美しさを保っているという解釈では、20代女子の意識があるからでしょう。

 

ぶりっ子キャラは作ってた?

 

田中みな実さんは、局アナご時世に“ぶりっ子キャラ”でブレイクして多くの男性ファンを手にしましたが、その代わりに“嫌いな女子アナの順位”ではいつも上位にランクインしてしまうという存在でした。

ただ、そのぶりっ子は作りものでフリーに転身してからの彼女の言動を見ると、可能なだけ本心を包み隠さず、率直に、自らに正直に生きようとしている事が伺えます。

 

今となっては、ぶりっ子キャラを作っていたとしか思えないような変化が見られます。

でも、そんな一面もいまさらながらに受け入れてしまいそうです。

 

田中みな実さんは大胆さがウケている?

田中みな実

 

女優業においても、堂々としたラブシーンもトピックになりましたが、やる以上はやるという決心も感じられました。

かくの如き点が徐々に女子にも伝わっていってると考えます。

今の時代は外国の女性セレブもインスタグラムなどのSNSでかなり堂々に肌を露出したショットを載せていますが、そのいずれもが素晴らしいせいか、男性よりもむしろ女子の間でトピックになったりしてますよね。

 

そのような解釈で美しければ堂々な肌の露出も女子にはOKという風潮も後押ししていると考えます。

女子アナがフリー後に必須なのは”女子ウケ” 女子アナはそもそも局アナご時世から高評価商売のようなところがありますが(某好きな女子アナ順位とかですね)、それがフリーになろうものなら、しかも拍車がかかります(完璧な個人ビジネス主ですし)。

 

田中みな実さんの強みは女子ウケしたことかも?

 

そうしたニュアンスで最も肝心なのが“女性の注目”。

局アナご時世のファン層はフレッシュな人からおじさんに至るまで圧倒的に男性に支持があるわけです。

そのことは、田中みな実自身が一番わかっていたことかもしれませんね。

 

いち会社員でいるうちはそこまでしなくてもOKなのですが、フリーに転身したケース、女性高評価……特に20代や30代の女性ファンも取り込まなければ、この現在の時代では熾烈なフリー女子アナ戦国ご時代を生き残っていく事は出来ません。

仮に取り込めなくても、これらの層に最低限嫌われない事が価値があるのです。

シタタカサも必要ということでしょうかね。

そういった意味では、多くの女性の注目を集めることができたということが、今回の写真集の大ヒットにつながったのかもしれません。

 

女性ウケする女子アナは共通点が

 

この着眼点を踏まえてみると、例を挙げると2006年にフジテレビを退社し,フリーになった内田恭子さんは、資生堂を始めとする女子向けのCMに出演して、美しさや親しみやすさ、自分の手の届く範囲な感じをアピールし、ファン層の拡大に成功しています。

 

なかでも特にインパクトがあったのが日清食品の『カップヌードルライト』でしょうか。

ウォーキングマシンで運動している途中で瞬く間に服を脱ぎ捨てると次の瞬間には首の下からひざくらいまでがカップヌードルの器で隠されていて、肝心なところが見えないという流れでした。

これが清楚な印象にも関わらず、その“脱ぎっぷり”が良いというギャップを生み、下着と合わせて加えて合わせて面白い、そして体が美しい……などなどの好評価に繋がり、女子アナブームをゲットするという趣旨で大いに肝心な作品となったと思われます。

 

こうした一連のCM戦略ともいうべき方法は、滝川クリステルさんや加藤綾子さんにも受け継がれており、多くのCMに出演して、その美しさや利口さ、親しみやすいお茶目な姿を披露し、女子に向けてのアピールに成功したといえます。

 

じつは今、静かな女子アナブーム?が来てる!

 

女のための“美”が必須 ただ、チャームポイントの中でも最も大きいのはとどのつまり“美”ですね。

このところでも田中みな実さんのTBS局アナ時代の後輩である宇垣美里さんが、テレビCMではないのですが、雑誌an・anの表紙や巻頭グラビアを飾りました。

 

そのときにトピックになったのが、パーソナルトレーニングで鍛え上げられた美脚と美尻でした。

ポージングもモデル顔負けで、ケースにお洒落にケースに清楚に、しかもケースに小悪魔っぽく……というように世の女子たちが憧れるような表情を色々に見せてくれたのです。

 

その写真は、男性向けというよりもまさしく女性のためのものでした。

 

写真集売上のライバルはアイドル?

田中みな実

 

雑誌ではNGの水着を写真集で解禁、そしてここで写真集の位置づけについてお話しましょう。

ここ数年、写真集の売り上げ順位で上位を独占しているのは乃木坂46、欅坂46、他にも日向坂46のいわゆる坂道グループです。

いわゆるアイドルグループですが、坂道グループは他の女性アイドルグループに比較し、女性ファンの比率が高いんですね。

 

当然男性ファンのほうが比率的には多いのですが、筆者も握手会やライブに行ってみると、そっくりな衣装を手作りしてライブに駆けつける熱心な女性ファンもいて、女性からの評判を体感します。

また肝心なのは、こうした女子ファンの目を意識して、彼女たちが少年漫画誌や青年漫画誌で表紙&グラビアをやる場合には水着の姿をめったに披露していないのです。

メンバーも番組で語っていますが、“過度な露出はNG”というのがお約束なんですね。

 

こうなると男性ファンからするともの足りなく感じてしまうのですが、実を言えばこれがさらに着眼点で、驚いたことに写真集で水着を解禁するんです。

これによって男性ファン的には「待ってました!」ステータスとなり、写真集のセールスが伸びるワケです。

と、こう記述すると水着=女子ファン的にはOKなのかな?と質問に思う人もいるかもしれません。

 

写真集がバカ売れするには女性ファンを取り込めるか次第

 

女子にも写真集を買ってもらうために“素晴らしい”露出 おっしゃる通り男性ファンに特化するなら、水着になった事例にいわゆる“グラビアアイドル”的な色っぽいな路線を突き詰めるでしょうが、下着露出と共にその時、購買層は固定男性ファンのみになってしまいます。

写真集の売り上げを実際のご時世で伸ばすなら、女性ファンに一人でも多く買ってもらう事が必須となってくるワケです。

それ故には中身もいわゆる“下品なエロ”や“ドギツイ感じのアダルト”では敬遠されてしまう。

水着やランジェリーショットなどで肌の露出を増やしても女子目線で見た事例に「ああ、清純、素敵」と思わせないとダメなんです。

一種の芸術作品という側面にも似たものがあるかもしれません。

 

こうなれば坂道グループ好きな女性ファンから、評判などでグループアイドルの事はあまり知らない女子層にも伝わっていきます。

何より坂道グループは、トレンド雑誌のモデルをやっているコが多々いるので(前述した宇垣美里さんもよく女性誌に登場してますね)、いわゆる坂道グループファンでないありきたりの女子に認知されていますよね。

 

かように女子目線で見て「可愛い、美麗」というのは、写真集の売上において、相当重要な要素なのです。

 

田中みな実の勢いはもう誰に求められない

 

フリー転進後、数多くの女性トレンド誌や美容誌で緊急記事が組まれ、瞬く間に「女子が憧れる大人の女性」として流行となった、フリーアナウンサー・田中みな実さんの1st写真集!

撮影は豊かな自然と美麗海に囲まれた、スペイン・バルセロナにて2019年の秋に敢行。

 

スペイン中心部からちょっと離れた小さな町で借りた別宅やバルセロナ中心地の旧市街や世の中遺産、ビーチなど、きれい景色で見せたありのままの姿は、写真集でしか見られない表情ばかり。

無邪気な乙女のような笑顔から、33歳の大人の色気を感じさせるランジェリー姿まで、魅力に引き寄せられる内容の一冊となっています。

 

そして、ついに写真集が60万部を突破する大ヒットを記録している。

全国各所で行われたお渡し会には2万人以上のファンが押し寄せ。

特筆すべきはその参加者だ。

驚いたことに8割が女子だったのだ。

 

田中みな実さんは美を追求する姿と素をさらけ出す勇気がある

 

田中みな実さんは、アラサー世代の女性たちの教祖的存在になりつつある。

局アナご時世の決めゼリフは『みんなのみな実』

男性にはブリッコキャラが受けましたが、女子からは反感を買い、『嫌いなアナウンサー』の常連でした。

ところが、フリー転身後は『家屋で観葉植物に話しかけている』などと、自らの”闇”を積極的に公開。

この”キャラ変”が同世代の独身女子に刺さった。

 

美を追求する姿勢も評価されています。

 

田中みな実さんのフリー転身を懸念事項していた古巣のTBSアナウンス部の面々は、今の時代の流行を感銘ながらも喜んでいますよ」(TBS係り者)キー局ディレクターによれば、「この”孤独女子”キャラは、けっして計算されたものではない」という。

田中みな実さんが所属しているのは、巨大資本芸能プロダクション系列のオフィス。

 

宮根誠司や羽鳥慎一らも在籍していますが、アナウンサーに特化したオフィスではない。

それ故、最初は業務の方向性をめぐって、たびたび衝突していたようです。

担当マネージャーが何人も交代し、本人も移籍を口にしていたとか。

 

オリエンタルラジオの藤森慎吾を超える恋人とも相当出会えなかったようで、演技じゃなくて実際に「孤独女子でしたよ」。

それが、大きなステップアップのきっかけであったならば、ファンにとっては幸運であったと言わざるを得ません。

 

 

田中みな実サクセスストーリーの始まり

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

田中みな実写真集【公式】(@minamitanaka_official)がシェアした投稿

 

悩める田中みな実さんの転機となったのが、女子誌『anan』(’17年9月20日号)での”肘ブラ”グラビアだった

このグラビアが大反響を呼んだ事が、メガヒット写真集誕生につながったのである。

 

写真集を企画したのは、田中みな実さんの友達でもあるアンミカさんの本を担当していた女性編集者です。

敏腕で知られ、写真集広告用に期間限定でインスタグラムを開設

 

毎度オンラインニュースになるよう、色気全開で惜しみなく公開しました。

目論見通り、「投稿のたびにトピックになり、ヒットに一役買った」(女性記者)写真集のヒットは、「田中みな実さん本人に大きな移り変わりをもたらした」と前出の関係者は打ち明ける。

「ここでテングになったら、手のひら返しでバッシングされる」本人はそう腹積もりているようで、写真集が売れるにつれ、腰が低くなっていったそうです(笑)。

 

田中みな実さんは失敗にめげない強さがある

 

ブリッコキャラ全盛期、田中みな実さんは『南海キャンディーズ』の山里亮太さんに『好きです』『番組全て観ています』などと色目を使った事があるのですが、その直後に彼女と藤森さんとの熱愛が露呈。

キレた山里さんにラジオ等でさんざんディスられたあげく、共演NGにされた過去を思い出したのかもしれないですね。

 

飾らず、奢らず、謙虚になった田中みな実さんは、「高評価のわりにテレビ出演ギャラが安い」と前出のディレクターは明かす。

局アナご時世から付き合いのある番組だと、一本15万円から交渉可だそうです。

 

安価でかつ、主視聴者である女子の流行が高いとなると、テレビは放っておかないですよ。

写真集がヒットした後もギャラは値上げしていないそうですから、田中みな実さんの快進撃はしばらく続くでしょう。

挫折は成功の母、なのである。

 

田中みな実さんの写真集解禁、女性にもウケる秘訣のまとめ

 

ここまでの変身を遂げた芸能人を、今までに見たことがないと言ってもいいかもしれません。

ぶりっ子キャラや写真週刊誌を賑わしたりと、あまりいい印象のなかった田中みな実さん。

それにもめげずに、ドラマに挑戦したり、バラエティにも挑戦したり、できることは何でもこなしてきた印象がありました。

コツコツと積み上げてきた中で、今回の写真集の発売により、大ブレークへとつなげることができました。

それも、男性ファンだけでなく、女性ファンまでも虜にしてしまう魅力の源が、飽くなき美への追求が大きく影響しているということがわかりました。

そんな魅力で溢れている田中みな実さんのこれからに目が離せないですね。

 

 

 - 女子アナ ,