エンタメトレンド

ネット界で光の如く飛び交う、ホットな話題を集約

*

中村蒼人気急上昇のわけは?

   

田中麗奈さん主演のサスペンス系連続ドラマ『真昼の悪魔』や、EXILE TRIBEを中心としたアクション映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2 /END OF SKY』に主要キャストとして出演し、注目度が上昇中の俳優、中村蒼さん。

2017年11月に放送開始されたNHKのBS時代劇『赤ひげ』でも、青年医師役を好演しています。

さらなる活躍が期待される中村さんのこれまでの軌跡や、印象的な作品をご紹介します。



中村蒼プロフィール

中村蒼

名前 中村蒼(ナカムラアオイ)

生年月日 1991年3月4日

出身地 福岡県福岡市

血液型 A型

家族構成は、ご両親と3歳上のお姉さんの4人家族です。

高校1年の時に上京して一人暮らしを始めています。

趣味はサッカーとのことで、小学生から中学生までサッカー部に所属していたそうです。

爽やかにボールを蹴る姿に、女子が釘付けであったことが想像できますね。

 

学業にも怠りなし!

地元の横手中学校を卒業後、地元の太宰府高校に入学しましたが、16歳の時に芸能活動を本格化するために上京し、日出高校に編入しました。

日出高校は、芸能人を目指している俳優の卵が多く在籍していて、中村さんの同級生にも斎藤嘉樹さんや本郷奏多さん、河原一馬さんなどがいます。

斎藤さんとは、2008年公開の映画『ひゃくはち』でw主演を務めることになります。

設定も同級生ということで、そのままを演じればいいように思いますが、実際はやりにくかったのではないでしょうか。

それも初主演ということで相当のプレッシャーも感じていたでしょう。

その後高校を卒業後、亜細亜大学に入学しています。

文武両道ではありませんが、芸能活動と共に学業にも怠りがないところは、かなりのしっかり者であることがうかがえますね。

 

デビューのきっかけは父親

中村蒼

中村さんが芸能界入りするきっかけとなったのは、2005年に行われた第18回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでした。

過去には武田真治さんや小池徹平さんらを輩出しているこのコンテストで、中村さんは見事、グランプリを獲得。

芸能界への第一歩を踏み出します。

ちなみに、この時、中村さん自身は芸能界への意欲はあまり高くなく、グランプリに選ばれてもうれしいという感覚はあまりなかったとのことです。

実はグランプリに応募したのは、中村さんではなく、中村さんのお父さん。

勉強にあまり興味がない息子の将来を考えての応募だったのでした。

 

主要キャストとして活躍した『学校じゃ教えられない!』

中村蒼

2005年に芸能界入りして以降、翌2006年には『田園に死す』で舞台デビューしました。

当初は、実家の福岡から東京に通いながらの芸能活動でしたが、高校2年になるタイミングで、上京することになります。

このとき芸能のお仕事で頑張っていこうという決意が固まったのかもしれませんね。

2007年には連続ドラマ『BOYSエステ』でドラマ初主演を果たすなど、中村さんは順調にキャリアを重ねていきます。

そんな中村さんがゴールデンタイムの連続ドラマに主要キャストとして初出演したのが、深田恭子さん主演の連続ドラマ『学校じゃ教えられない!』です。

このドラマは2008年7月15日から同9月16日にかけて、日本テレビ系列の火曜10時枠で、全10話に渡って放送されました。

ストーリーは、高校の社交ダンス部を舞台とした青春物で、中村さんは社交ダンス部の副部長・水木一樹を演じています。

中村さんの役は、実は同じ社交ダンス部の男子に想いを寄せているという難しい役柄だったのですが、中村さんはしっかりと演じ切り、またドラマのエンディングに向けて重要な役割も果たしました。

共演は、校長役の谷原章介さんや、社交ダンス部の部員役の仲里依紗さん、前田公輝さん、朝倉あきさんなど。

脚本は遊川和彦さんでしたが、遊川さんの作品には珍しく、さわやかな終わり方となっています。



あのタレントをしのぐ人気!?『せいせいするほど愛してる』

中村蒼

その後もさまざまなドラマや映画に出演していた中村さんですが、思いもよらぬ人気を博したのが、2016年7月12日から9月20日にかけて放送された連続ドラマ『せいせいするほど愛してる』の宮沢綾役でした。

この作品は人気漫画を原作とした不倫系の恋愛ドラマで、武井咲さん演じる栗原未亜と滝沢秀明さん演じる三好海里の『道ならぬ恋』が話の中心となっています。

中村さん演じる宮沢はヒロインの栗原に想いを寄せる役で、いわゆる当て馬的な存在です。

しかし、物語の展開的に、ヒロインの本命であるはずの三好がすっきりしない対応を見せることが多く、栗原にまっすぐな想いを寄せ続ける宮沢への好感度が、公式BBSの書き込みでは相対的に上がっていきました。

結果的に想いが叶うことはなかった宮沢ですが、視聴者の方に強い印象を残した役と言えるでしょう。

 

コミカルな作品からシリアスな作品まで

中村蒼

その落ち着いた風貌から優等生的な役柄の多い中村さんですが、意外と幅広い役を演じています。

前出の映画『HiGH&LOW THE MOVIE 2 /END OF SKY』では、『悪のカリスマ役』を熱演。

『せいせいするほど愛してる』のあとに主演した連続ドラマ『潜入捜査アイドル・刑事ダンス』では、『潜入捜査のため、アイドルになる若手刑事』というコミカルな役柄を好演しています。

また、2014年に主演した映画『東京難民』では、ふとしたきっかけから社会的弱者へと転落していく若者役を演じ、現代の格差社会の実態を鮮やかに描き出しているなど、シリアスな社会派の作品でも、その力を発揮しています。

中村さんと言えばイケメンというイメージですが、演技の才能も豊かです。

どんな役柄でもさらりと演じてしまうところが、人気の秘訣かもしれませんね。



中村蒼プライベートは?

中村蒼

イケメンの中村さん、さぞかし女性からモテモテでしょうね、という嫉妬の声が聞こえてきそうです。

ですが意外にもフライデーされることはほとんどありませんでした。

唯一騒がれたのは一般女性とのデートの現場を激写されたシーン。

その方が後々の奥さんといううわさですね。

 

突然の結婚発表に女子悲鳴!

2016年1月21日に、自身のブログで結婚を発表しました。

その内容は中村さんの人柄が凝縮されていたように感じます。

6年ほどお付き合いしていて、6年目の記念日となる1月21日に入籍。

陰ながら支えてくれたことを感謝しているところは、まさに性格も美男ですね。

そして、気になるところとしましては、交際期間をしっかりと公表したことではないでしょうか。

モテたであろう中村さんが、もしこっそり浮気をしていたならば6年も前から彼女がいましたとは言えない気がしますよね。

勝手な想像ですが、中村さんは一途な人ではないかと思います。

そんな中村さんのファンも、突然の結婚には相当なショックはあるのでしょうが、そんななりそめを聞いてしまったら、ますます好きになってしまいますよね。

人気急上昇のわけも頷けます。

今どきの芸能界にもこんな人いるんですね。

 

中村さん父になる!

そして、2016年10月23日に自身のブログで、第一子誕生の報告をしました。

ここでもまた家族やファンに感謝の気持ち伝えています。

余計なお世話かもしれませんが、きっと素敵なお父さんになりそうですね。

ますます芸にも磨きがかかりそうで、これからの中村蒼に期待です。

 

中村蒼まとめ

ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのグランプリ受賞後、順調にキャリアを重ねてきた中村蒼さん。

2018年1月から始まるBSジャパンの連続ドラマ『命売ります』の主演も既に決まっています。

仕事もプライベートも順風満帆ですね。

人気急上昇のわけは、イケメンでありながらも超真面目、世間がほっとくわけありません。

今後も中村さんの活躍から、目が離せそうにありません。

 

 

 

 - 俳優