エンタメトレンド

ネット界で光の如く飛び交う、ホットな話題を集約

*

千葉雄大は性格もイケメン過ぎ?

   

2017年下半期の朝ドラ『わろてんか』。

このドラマに主人公の兄役として出演し、わずか2週間の出演でありながら確かな存在感を発揮していたのが、千葉雄大さんでした。

主人公の兄でありながら、ナレ死という結末には驚きましたね。

千葉さんは2010年から俳優としての活動を開始し、大河ドラマなどにも出演経験があるのですが、一般の方の中には、まだまだ千葉さんのことをご存じない方もおられるかも知れません。

2018年の注目俳優であることは間違いないでしょう。

今から目をつけておいて、どんな成長を遂げるのか一見の価値はあると思います。

以下に、千葉さんについて簡単にまとめてみましたので、ご参考にしていただければ幸いです。



千葉雄大のプロフィール

千葉雄大

千葉雄大

宮城県多賀城市出身。

1989年3月9日生まれ。

28歳とは思えないほど童顔なのですが、役どころは落ち着いた印象が強いですね。

血液型はO型。

見た目はおっとりとした感じですが、実際はどうなんでしょうか。

モデルとして活動している時に、現所属事務所ジャパンミュージックエンターテインメントにスカウトされて、俳優デビュー。

関連情報
千葉雄大ージャパンミュージックエンタテインメント

 

戦隊物の主役に抜擢

千葉雄大

元々、雑誌のファッションモデルとして活動していた千葉さんの俳優人生の始まりは、戦隊物でした。

2010年から2011年にかけて放送された『天装戦隊ゴセイジャー』。

伝統あるスーパー戦隊シリーズの第34作目として放送されたこの作品で、千葉さんは主役のゴセイレッド役に抜擢されます(※変身前の役名はアラタ)。

一般的に戦隊物のレッド役の場合、『熱血馬鹿』タイプと『頼りになるリーダー』タイプのどちらかになることが多いのですが、千葉さんが演じたゴセイレッドは、そのどちらでもありませんでした。

熱血という雰囲気は最初からなく、どちらかと言えば草食系。

また、的確な指示を出してリーダーシップを発揮する場面も少なく、どちらかといえば作戦の立案などは他のメンバーが行なっていました。

 

独特のレッド像を確立

では、千葉さんが演じたゴセイレッドはどんなタイプだったのかと言いますと、優しい雰囲気で少しふわふわした感じがあるけれども、戦いにおいては地味に芯の強さを発揮し、実は戦隊全体の方向性を決める一助となっているような、あからさまではない中心人物タイプ。

そんな役柄に千葉さんの持つ生来の雰囲気がミックスされて、独特のレッド像を作り出していました。

また、その存在感は当時から群を抜いており、長年に渡って多くの若手俳優を見てきた戦隊物の監督からも、「お前は、いい線、行くよ」と太鼓判を押されています。

ちなみに『ゴセイジャー』の1つ前の作品である『侍戦隊シンケンジャー』で主役のシンケンレッド役を務めたのが、現在、俳優として活躍中の松坂桃李さんです。

ですから『わろてんか』では、短い期間ですが、連続した2作の戦隊物の主人公が共演を果たした、ということになります(※これ以前に、『天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピックon銀幕』でも、共にレッド役として共演しています)。

 

俳優として順調にキャリアアップ

千葉雄大

『ゴセイジャー』での俳優デビュー後、千葉さんはさまざまな作品に出演し、順調にキャリアを重ねていきます。

『ゴセイジャー』が放送終了した2011年に、早くも2本の連続ドラマ『桜蘭高校ホスト部』と『ランナウェイ~愛する君のために』に、レギュラーとして出演。

脇役ばかりでなく、連続ドラマ『白戸修の事件簿』(2012年)では、デビュー2年目にして地上波での主役を獲得しています。

さらに同年9月からは、大河ドラマ『平清盛』に高倉天皇役で出演し、大河ドラマデビューも果たしました。

その後も毎年、数々の連続ドラマにレギュラーとして出演しているほか、ゲスト出演も多数。

映画でも、主に若者を対象とした作品などに数多く出演し、好評を博しています。

 

イケメン俳優からのステップアップ

そんな千葉さんのこれまでの役柄としては、少し穏やかな雰囲気のイケメン役が多いことが挙げられます。

『わろてんか』での千葉さんの役柄も、その延長線上にあるということができるでしょう。

関連情報
NHK朝ドラ『わろてんか』の意味は?あらすじとキャストも紹介

また、その影響からか、女性人気も高い模様です。

たとえば、映画『兄に愛されすぎて困ってます』では、撮影中に女性スタッフが、同映画の『イケメン出演者ランキング』のようなものを作っていたのですが、千葉さんは『別格』として『殿堂入り』的な扱いだったということです。

一方、千葉さんの新境地が見られたのが、北川景子さん主演で話題を呼んだ連続ドラマ『家売るオンナ』です。

このドラマで千葉さんは、優しい雰囲気で女性人気抜群ながら、実は裏に野心や計算をあわせ持っている人物を好演。

単なるイケメン役にとどまらない、新たな魅力を発揮していました。



恋愛に関してのうわさは?

千葉雄大

Processed with VSCO with f2 preset

モテモテの千葉さんはプライベートではどうなのでしょうか?

以外にも、あまり週刊誌での熱愛報道は少ないようですね。

2014年に公開の映画、「アオハライド」で共演した高畑充希さんとは、焼肉デートを週刊誌で報じられていましたが、これも単なる仲のいいお友達としてごはんに行ったところを激写されたようです。

その後、ドラマ共演者の本田翼さんや川口春奈さんとうわさになったようですが、こちらもただのうわさのようで、実際のところははっきりしていないようですね。

ルックスといい、性格といい、確実にモテるのは言うまでもありませんので、彼女がいる可能性は高いでしょう。

年齢的にも、そろそろ結婚も意識してもいい年頃ですしね。

 

もしかして、千葉さん・・・

そんな千葉さん、最近あらぬうわさがあるようで。

あの綾野剛さんと熱愛か?

綾野剛さんも戦隊もので俳優デビューをしているという共通項で意気投合したようで、よくお食事に出かけているようです。

そんな綾野さんが、千葉さんのかわいげな表情にメロメロといううわさがあり、まさかのまさかそんな関係なのか?

多分これは、かわいい後輩をかわいがっているだけなのでしょう。

それだけ千葉さんは、男性からも愛される素敵な男性なのではないでしょうか。

逆にオネエタレントに狙われそうで心配ですね。

そっちの世界に引き込まれないように、早めにいい人を見つけて欲しいですね。

 

まとめ

28歳と言うと、俳優で言えばもう中堅クラスに入るキャリアなのに、この精霊潔白な印象の千葉さん。

最近の芸能界は、闇が多過ぎて信用できない世界と言ったイメージになってしまっていますね。

クスリや不倫、金、暴力、芸能界は一体どうなってしまうのと心配になってしまいます。

そんな闇の中にも、美しく輝いている俳優さんがいるということは、視聴者としては応援したくなりますね。

最近では、フジテレビ系列で放送中の「民衆の敵~世の中おかしくないですか⁉~」で市議会議員を熱演していますね。

まさにっぴったりの役柄ですね。

そして、2018年1月から始まる日本テレビ系列の「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」にも出演が決まっていて、ブレイク間近かもしれませんよ。

戦隊物でのデビュー以来、順調に俳優としてのキャリアを重ねてきた千葉雄大さん。

今後の活躍にも、期待です。

 

 - 俳優