エンタメトレンド

ネット界で光の如く飛び交う、ホットな話題を集約

*

次世代アイドル欅坂46の実力は本物か?

   

女性アイドルグループ全盛期も少しずつ落ち着きを見せている2017年。

AKB48の人気もかなりかげりが見えてきているのは誰もが気付いていることでしょう。

その上、その他の女性アイドルグループもパッとしない状況です。

また女性アイドルグループ不遇の時代が始まるのかといううわさもちらほらささやかれる中で、新たな希望も生まれてきています。

それが、坂道グループの躍進ではないでしょうか。

とくに、欅坂46は2016年にデビューしてから、あっという間にトップスターの仲間入りをして、目覚ましい活躍をしています。

そんな、これからの女性アイドルグループの先頭を引っ張っていってくれるだろう欅坂46について検証していきたいと思います。



次世代のアイドルグループが欅坂46

欅坂46

現在、国内の音楽業界を引っ張っているのは、ロックバンドやシンガーソングライターではありません。

それは女性アイドルグループが、音楽業界の主役となっているのです。

その中でも、AKB48や乃木坂46は別格の存在ですが、今最も熱い存在となっているのが”欅坂46”なのです。

このグループの特徴は、アイドルグループなのに従来のアイドルグループの姿から脱している事です。

それは、デビュー曲でありながら一躍大注目となった「サイレントマジョリティー」のMVを観れば、一目瞭然ですよね。

AKBも乃木坂も素晴らしいアイドルグループですが、飽く迄も昔から完成しているアイドルスタイルからは大きく脱していませんよね。

それは、MVなどでは可愛らしい笑顔を振り撒いて、既に完成されたポーズを演じているのです。

これはこれで、勿論悪くないですし、だからこそ人気を獲得する事に成功し、発売するシングルは大売れし、コンサートを開けば大勢の観客が押し寄せてきます。

 

等身大のアイドルこそインパクト大

欅坂46

欅坂46の場合は、グループの中心となるセンターの平手友梨奈さんは、これまでのアイドル像を簡単に破壊してくれました。

これは、それまでのアイドルとして期待される事を自ら否定する事で、新しいアイドルとして次世代アイドルグループが誕生した事になります。

もう一度繰り返すと、アイドルグループのセンターはグループの花形ポジションなので、MVでも最も撮影されて時間配分も多くなります。

そこで、期待通りの最高の笑顔を見せる事で、楽曲そのものよりもグループを印象付けるのです。

しかし、平手友梨奈さんは中心であるのに、ニッコリ笑いませんし、それどころか不愛想に見えます。

どこか、アイドルそのものを否定している姿が、MVに何度も映っています。

でも、これが抜群のインパクトとなったのです。

これこそ、等身大のアイドルだと世間が気が付いたのです。

だって、アイドルだって普通の十代であり、普通の女子中学生や女子高生ですよね。

不満があったり、笑顔を無理して作れない時もあるでしょう。

それに、巣の表情とも言える、非笑顔の姿勢がアイドルファンだけでなく、それまでアイドルに対して懐疑的な人々まで魅力してしまったのです。

 

欅坂46のプロフィール

欅坂46

欅坂46のメンバーは現在21人で、もちろん全員が女性です。

16歳から22歳が在籍し、因みに中心メンバーである平手友梨奈さんはまだ16歳なのに、あの貫禄というか堂々とした個性を発揮しているのです。

本当に凄いとしか、言いようがないですね。

欅坂46は2015年に乃木坂46の新プロジェクトとして募集開始され、オーディションを経てメンバーが決定しました。

そして満を持して、2016年4月6日にデビューシングルが発売となりました。

シングルは、1枚目「サイレントマジョリティー」2枚目「世界には愛しかない」3枚目「二人セゾン」4枚目「不協和音」5枚目「風に吹かれても」の5枚発売されていますが、全てオリコンチャート初登場1位を獲得しています。

そして、発売するたびにセールス枚数も増え続けています。

5枚目のシングルに関しては、70万枚を超えるセールスを記録していますので、まさに2017年を代表する売り上げ枚数となっています。

楽曲もアイドルらしからぬと話題

これだけ人気が出てくると、メンバーに対してあらぬうわさなども流されていますが、これらはアンチがネット上で流しているものばかりなので、あまり気にしない事です。

しかし、中には楽曲やメンバーに対してファンが気になる事もあります。

例えば「サイレントマジョリティー」については、それこそ多くの話題で持ち切りです。

歌詞を深読みすると、どのようにも意味が取れる事から、真実が何なのかを探すのでしょう。

これまで、欅坂46ほど歌詞を分析されたアイドルグループはいなかったと思います。

ファンの間では、「大人たちに支配されるな」と歌う部分などは、芸能界の大人の力を借りてデビューし、さらにファンの多くは従来の考えなら大人の男性となりますよね。

それをこうも力強く叫ぶのは、正に規格外のアイドルグループでそれまでの常識が通用しなくなっています。

一方で、平手友梨奈さんはCMに出演したり、雑誌などに登場する事もあります。

そこでは、笑顔だったり可愛らしい同年代らしい女性として、のスタンスが多いです。

こうなると、本当の平手友梨奈さんがどっちなのか困惑・混乱するほどです。

まるで、同一人物には思えず、歌番組やMVの時には新しいアイドル像を演じているのか、それともこれらも全て話題づくりなのかと、勘ぐってしまうほどです。

しかし、きっとプロフィールの情報やうわさ話なども全て含めて、観ていて応援する私たちがどのようにも判断して良いのでしょう?

問題提起を起こす事で、アイドルとはこうあるべき、と勝手に決めつけるのだけは、欅坂46のファンとしてやってはいけない態度です。



欅坂46のうわさを検証

欅坂46

人気沸騰中のアイドルグループである、欅坂46の中にイジメが存在していると一部のファンの間で、そんなうわさがあるようです。

疑惑のキッッケとなったのは、7月1日に行われた、インターネットストリーミングサービスのSHOWROOMでのライブ配信で、欅坂46のキャプテン・菅井友香、佐藤詩織、齋藤冬優花、そして、けやき坂46の長濱ねる、の計4人が出演していましたが、特に長濱さんが年長者の菅井さんに対して、冷たい態度を取っていたということで話題になりました。

ギャグを披露した菅井に対して、もうすぐ22なのに、などと聞こえづらいように小声でつぶやいたり、視聴者のリクエストに応えて菅井が投げキッスをすると、うわぁ、ゆっか、やった、などと嘲笑したりと、長濱の菅井に対する応対は確かに冷たいという風に見えました。

仲間内でよくあるイジりの範疇だといえるが、見る人によっては嫌悪感を抱く可能性もかもしれません。

長濱さんのこういった態度について、気にはなりました。

長濱さんは、かわいくて、とても人気もあるのですが、なんとなく雰囲気に、裏表があるイメージがして、後から加入したにもかかわらず、運営側がプッシュされている印象です。

ということで、ほかのメンバーを見下すような感じが出てしまって、雰囲気が悪い時が時々あり、今回のSHOWROOM配信はイジメではないようですが、長濱さんの本音、本性が出てしまったといううわさがでたのだと思います。

在籍メンバーが多いアイドルグループの特徴

人数が5人以上の在籍メンバーが多いアイドルグループともなれば、メンバー同士の中の良し悪し、関係もさまざまで、仲が良いメンバーもいれば悪いメンバーがいるというのは当たり前のことです。

どんなに人間関係が悪くても、仕事に支障を出さないように振る舞うのがプロのアイドルでありファーンにも納得してもらえます。

秋元康プロデュースのAKB48グループ、そして乃木坂46、欅坂46の坂道シリーズは、あまりにも在籍メンバーの数が多いので、普通の芸能事務所のようにしっかり教育することは難しいようなので、売れっ子でも驚くほどのプロ意識のなさが、ありえるようです。

仕事のために割り切ってということではなく、女子高のようなドロッとした険悪な人間関係がそのままファンの前で出てしまうことが多いようです。

それを見ることで楽しんでいるファンもいますが、決して見ていて気持ちいいものではありません。

運営からの推されメンバーが存在しているため、メンバー間で力関係が出来上がってしまうという状態です。

 長濱ねるさん名前の由来

長濱ねる

名前の由来については、欅坂46の冠番組「欅って、書けない」で長濱ねるさん本人が話していました。

まず一つ目の由来は、長濱ねるさんのお母さんが、どうしても名前に、るを入れたかったそうです。

そこで、五十音を一つずつつけていったそうで、ある、いる、うる、など順番につけていきました。

その結果一番しっくり来たのが、ねる、だったそうです。

そして2つ目の名前の由来が、長濱ねるさんの、ねるは、よく眠る子と言う意味で、寝るからきていると思われていますが、実はそうではありませんでした。

長濱ねるさんの、ねるの由来は、アイデアを練るのねるのだそうです。

渡辺梨加はコミュニケーション障害

渡辺梨加

渡辺梨加は、最年長ながら、その挙動不審な眼差しと、唇を引っ込めたりと、落ち着きがないことが多く、デビューして間もないころの渡辺梨加は全く話すことが出来なかったが、1年たった現在もあまり変わらないほどうまくしゃべれないように見えます。

就職試験で、面接に落ちるという事は、面接官としては、自分のところの従業員にはしたくないから落とすわけであり、接客を伴う商売であればなおさらでしょう。

アイドルならば、接客が得意でなければ勤まらないというイメージではあります。

コミュニケーション能力に難があるように見える渡辺さんが、これからどう成長していくのかは楽しみでもあり、少し心配という部分もありますね。



まとめ

欅坂46はは、まだデビューして2年も経っていないというのに、これだけ注目を集めるアイドルグループに成長しました。

彼女たちの努力でもありますが、やっぱりAKBや乃木坂の築いてきた流れに乗っかれたという部分もあるかと思います。

最初から注目度が高い中でのプレッシャーも相当なものではあったことがうかがえます。

2017年も紅白歌合戦の出場が決まりました。

これからが本当の戦いかもしれません。

それは、グループ内の戦いでもあり、他のグループとの戦いでもあり、時代との戦いでもあります。

これから先もたくさんのうわさや話題を提供してくれることに期待をしたいなと思います。

 

 

 - アイドル