エンタメトレンド

ネット界で光の如く飛び交う、ホットな話題を集約

*

山本彩と柏木由紀がAKB総選挙に参加しない真の理由とは?

      2017/10/30

すっかりAKB48恒例のお祭りイベントになった「AKB48シングル選抜総選挙」が、今年も6月17日沖縄・豊崎海浜公園 美らSUNビーチで開催されます。

AKB総選挙と言えば、発売予定の新曲の選抜メンバーをファンの投票によって決める、メンバーにとっても、ファンにとっても、1年間の集大成となるビッグイベントです。

そんな総選挙ですが、なんと今年はメンバーの中心的存在である、山本彩さんと、柏木由紀さんが不出馬を表明しました。

昨年のNHK紅白歌合戦の「夢の紅白選抜」で見事1位となった山本彩、常に上位に位置する柏木由紀、共に総選挙で1位を狙える二人が、今回参加しない真の理由を探ってみました。




 

AKBシングル選抜総選挙の山本彩、柏木由紀の気になる過去の順位とは。

 

728313e9-s

ちなみに山本彩と、柏木由紀の過去の順位はどうだったかを見てみました。

第1回 山本彩(未加入)/柏木由紀(9位)

第2回 山本彩(未加入)/柏木由紀(8位)

第3回 山本彩(28位)/柏木由紀(3位)

第4回 山本彩(18位)/柏木由紀(3位)

第5回 山本彩(14位)/柏木由紀(4位)

第6回 山本彩( 6位)/柏木由紀(4位)

第7回 山本彩( 6位)/柏木由紀(2位)

第8回 山本彩( 4位)/柏木由紀(5位)

 

山本彩は、NMBの研究生としてAKBグループに加入したのが2010年で、翌年の第3回から総選挙に参加しています。

初参加28位で、NMBメンバーとしては最高順位で、大健闘しました。

そこから徐々に順位を上げ、最高順位4位。そして昨年末のNHK紅白歌合戦の番組企画「夢の紅白選抜」で見事1位に。

柏木由紀は1回目からトップテン入りを果たしており、第3回目からは“神7”入り。

2015年には前年1位だった渡辺麻友を押さえ2位に。

ただ昨年は5位、「夢の紅白選抜」では9位とやや順位を落としていますね。

 

山本彩と柏木由紀のコメントに隠された、不参加の真の理由とは

過去の二人の順位を振り返ると、順調に順位を上げてきている山本彩と、常に上位に食い込んでいた柏木由紀。

1位を目指す力はある二人がどうして今回辞退を選んだのでしょうか?二人の辞退コメントからひも解きます。

山本彩は取材に応え、<てっぺんをとりたいと思わなのですか?>という質問に対し、“総選挙においてのてっぺんは考えなくなった。それだけじゃない、もっと違う舞台で自分を高められるようになりたい”とコメント。

またそもそも昨年の出馬の時に“今年で最後”とファンへ伝えていたようですね。

そこでファンに後押ししてもらっての昨年4位という結果。

そして紅白での1位。

勢いに乗っています。

本家の総選挙で今年1位となって、指原莉乃も成し得てないAKB随一のダブル覇者になれたかもしれません。

しかし、指原さんの総選挙に対する気合いのスゴさに“自分とは次元が違う”ともコメントしており、前述の“総選挙においてのてっぺんは考えない”“違う舞台で自分を高めたい”このコメントに想いが集約されています。

ご自身で納得した英断だったのでしょう。

 

一方、柏木由紀はどうでしょうか?Twitterで

“いっぱいいっぱい考えて悩みました”“総選挙には出ませんが、AKB48グループのメンバーとしてこれまで以上に頑張りたいと思います!”とコメントしています。

辞退した理由についての言及はありませんが、メンバーとしてこれまで以上に頑張りたいと、卒業は考えていない模様。ただ柏木由紀の場合はネガティブな噂が・・・

ジャニーズのNEWSメンバー手越祐也との抱擁写真がスクープされ、そのスキャンダル前の最高順位2位から、翌年は5位に転落。

しかも落とした得票数は7万5千票減!といったメンバーの中でワーストだったようですね。

そしてここ1年、山本彩とは違って、スキャンダルを挽回できるような目立った活躍も無かったような・・・

さらに順位を下げることは容易に想像出来ます。

これもまた正しい判断だったのでしょう。

 

これからの山本彩、柏木由紀の活動を大胆予想!!

さて、総選挙を辞退した二人ですが、今後の活動はどうなるのでしょうか?これまでのトップメンバーの総選挙辞退は=卒業が通例でした。しかし二人とも卒業は否定しているようです。

ヒントがあるとすれば、山本彩は“もっと違う舞台で自分を高められるようになりたい”

とコメントしている通り、何か具体的に思い描くものがありそうです。

また、デビューはAKBグループではなく、ソニーミュージックエンタテイメントから、3人組スーパー女子中学生バンド「MAD CATZ(マッドキャッツ)」としてメジャーデビューしています。

本人も将来の夢とし“ずっと歌い続けること”とし、シンガーソングライターに憧れているとも発言。

曲作りの勉強も初めているようなので、本格的な歌手を目指すのではないでしょうか?

柏木由紀は?というと、根っからのアイドル気質、それ以外の芸能活動で活躍する姿が想像出来ないような・・・

お芝居も苦手そうですし。

何か裏付けるものがないかと調べていると、過去にドラマに出演した時に、“役者としての引き出しは全くない”と悩んでいたという情報を見つけました。

また、将来はアイドル学校を設立したいとも。

でも柏木由紀、私は思うのです。

とてもしんどい日々を乗り越える必要があるけれど、女優に挑戦してみてはどうだろう?

舞台経験などを積み、役者として一皮剥けると、大化けする可能性があなたにはあると、そんな気がしています。

何の根拠もありませんが(汗)

でもあなたはきっと面白い女優になると、今これを執筆していて気づきました。

今のままではもったいない。

アイドルを脱皮しろ!!




 

まとめ

真の理由。

二人ともハッキリ言及している訳ではありませんが、厳しい芸能界を生きていく上で、正しい選択だったのではと思います。

一人は更なる飛躍のために。一人は防御のため??

ま、今年の「AKBシングル選抜総選挙」は、常に上位に食い込んでいた二人が抜け、その票がどこに流れるかが見物です。

やっぱり指原VSまゆゆという構図は想像出来ますが、二人が抜けたことで、今まで日の目を見なかった若手から、一気に上位グループへ頭角を現すといった波乱があるかもしれません。

二人の辞退は、ややマンネリ感のあるAKB選抜総選挙に新風を巻起すための一助となり、今後のAKBの発展のため、後輩達のための大いに貢献するかもしれませんね。

 - アイドル