エンタメトレンド

ネット界で光の如く飛び交う、ホットな話題を集約

*

ドラマラヴソングの視聴率が悪い理由を調査!原因は福山雅治?

      2017/11/02

masaharu635-5

2016年4月スタートの、福山雅治さん主演月9『ラヴソング』!

前作の『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』が低視聴率で爆死だったため、視聴率が期待されていた『ラヴソング』。

主演が福山雅治さんとだけあって大丈夫!と言われていた『ラヴソング』。

 

でも、ふたを開けてみたら『ラヴソング』も低視聴率で、はやくも爆死の予感?

信じられないですね、福山雅治さん起用なのに低視聴率とは、いったいなにが?

なんと、その理由は、福山雅治さんその人にあった……?




 

気になる第1話の視聴率は……?

いろんな意味で視聴率が期待されていた月9『ラヴソング』。

福山雅治さんにとって、吹石一恵さんと結婚後の連ドラ出演第1作でもありました。

福山雅治さんの3年ぶりの月9主演作でもありました。

 

それに、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』が低視聴率だったので、月9の名誉挽回というのもありました。

シンガーソングライターで、女優歴ゼロという藤原さくらさんのヒロイン起用で、アッと言わせようというもくろみも……。

さて、そんな『ラヴソング』、初回放送の結果、気になる視聴率のほどは……?

 

 

なんと、初回であるにもかかわらず、「10.6%」しかなかったと判明しました!

初回ということで30分拡大放送となったのに、これ。

厳しすぎますね……。

ちなみに、爆死した『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』でさえ、初回の視聴率は11.6%で、『ラヴソング』より1%上回っていました!

早くも先行きが思いやられる……?

 

視聴率が悪い理由①福山結婚が悪影響?

どうして福山雅治さん主演で月9の『ラヴソング』の視聴率がこんな惨状に?

話題をさらった福山雅治さんと吹石一恵さんの結婚自体が悪影響した、という観測がありますね……。

これは実に皮肉です!

2015年は、芸能人の結婚ラッシュがありましたが、もっとも話題になったのが、福山雅治さん夫妻。

しかし、これは、「福山ロス」なる現象まで引き起こし、彼の結婚は、祝福半分、落胆半分という、なんともビミョーな結果を招きました……。

あれから半年くらいで恋愛ドラマに彼が登場ということで、女性ファンにしてみれば、とても見る気になれないという心理が働いたとしても、おかしくはなさそうですね。

まず、タイトルが『ラヴソング』で、シンガーソングライターの福山雅治さんの結婚を嫌でも連想してしまいます。

これもアダになったのかもしれません。

 

視聴率が悪い理由②「設定がキモイ?」

以上はある程度、想定内かもしれません。

しかし、『ラヴソング』視聴率低迷の裏には、ストーリーに問題ありという声もあるようなのです。

ここでちょっと、『ラヴソング』のあらすじをふり返りましょう。

主人公は、元ミュージシャンで現産業カウンセラーという男です。

演じるのは福山雅治さん。

彼はミュージシャンとして挫折し、現在はいろんな女性との恋愛もうまくいかず、さまざまな女性の家を泊まり歩いているという、ひどい暮らしぶりです。

一方のヒロインは、整備工場で働く女性で、実は天才的な歌声を持つという女性。

演じるのは福山雅治さん同様シンガーソングライターの藤原さくらさん。

藤原さくらさんの役名は「佐野さくら」といい、女優初体験の彼女のため、わざわざ役名をいっしょにしたといいます。

ちなみに、福山雅治さんと藤原さくらさんの年齢差は27

news_header_fujiwarasakura_art201512

この後、2人は惹かれあっていくということなのですが、これが「キモイ!」と悪評なのだとか。

親子くらいの歳の差で……という点、2人のリアルな職業と役柄が被っていて生々しい点、などがそういう反発を産むみたいです。

これは裏目に出てしまいましたね……。

個人的には最初に『ラヴソング』のあらすじをみたときは、さわやかな印象を覚えましたが、いざ放映となると視聴者の反応はそうでもないということでしょうか?

先行きが不安ですね。

 

月9「ガリレオ」との違いは?

51-iZM5VnDL

福山雅治さんには月9の代表作として「ガリレオ」があります。

こちらの作品の平均視聴率は第一シーズンでは21.9%、第二シーズンでは19.9%を記録しています。今回のドラマ「ラヴソング」は第一話の視聴率が10.6%ですから半分に減少しています。

まず「ガリレオ」放送時との違いは福山雅治さん自体の変化が大きいですね!

吹石一恵さんとの結婚によってドラマ内容に感情移入が出来ないという意見が多く、福山さん自身の写真集やCDの中古店での売却件数が増えていあたりが「ましゃ離れ」が増加している考えてよいかもしれません。

 

またドラマ本編の初めのシーンにベッドシーンがあるのですがそのシーンについてもあまり印象は良くなく、もう賞味期限ではないかという45歳の年齢を考えた意見もあり、女性ファンからはそのようなシーンがあることによって喜ぶだろうという魂胆が見え見えであるとあきれ顔です。

ヒロインに関しても「ガリレオ」では柴咲コウさんや吉高由里子さんなど実力派女優さんが名前を連ねる中、今回のヒロイン藤原さくらさんはオーディションで選ばれた全くの素人さんです。

番宣でテレビ出演した際の発言もあまり少なくあまり良い印象がないとも言われています。

最近の月9枠にも厳しい視聴率の現状があり、10%前半から一ケタを行ったり来たりの状態で、福山雅治さんをテコ入れとしたのですが離れた視聴者は戻って来なかったようです…。




 

まとめ

視聴率が悪い理由①はなんとなくわかります。

でも、視聴率が悪い理由②は、なんかひどいですねえ……。

 

視聴者もシビアになってきていて、「月9」というだけではもうダメなのでしょうか。

『ラヴソング』が打ち切りになったりして、福山雅治さんの俳優キャリアに傷がつかないことを祈りたいものです。

 - ドラマ