エンタメトレンド

ネット界で光の如く飛び交う、ホットな話題を集約

*

きゃりーぱみゅぱみゅが消えそう?人気が下落した理由を調査

      2016/05/12

CgpajSVUcAA0FFv

2015年は、まさかの『NHK紅白歌合戦』落選という予想外の事態となってしまった歌手、きゃりーぱみゅぱみゅさん。

 

『NHK紅白歌合戦』の落選が尾を引いて、きゃりーぱみゅぱみゅさんが消えそう、という声が一部ネット上で言われているのが現状です。

 

一時期は人気者の一人だった、きゃりーぱみゅぱみゅさんが消えるとは、果たして何を意味しているのでしょうか…?

 

ここでは、彼女の人気急落の真相と、消えてしまうかもしれない理由について、調べてみました。

調べれば調べるほど、きゃりーぱみゅぱみゅさんの人気について、あまりにも衝撃的な事実が判明してしまいました…。

 

きゃりーぱみゅぱみゅの全盛期について

140202738811417614225_jtb02

きゃりーぱみゅぱみゅさんの、アーティストとしての全盛期はいつだったのでしょうか?


現在でも、全くの落ち目で消えたというわけでないため、人気もある程度はあるものと思われます。


そもそも、きゃりーぱみゅぱみゅさん以外のアーティストでも、いつが全盛期で、いつからが人気低迷、そして消えてしまうという解釈は非常に困難なことです。


ただ、CDの売り上げは、きゃりーぱみゅぱみゅさんの人気の判断材料として、参考の一つにはなると思われます。

 

◆1stシングル『つけまつける』

thQTJQPMGE

2012年1月に発売されたきゃりーぱみゅぱみゅさんからしてみれば、最初のCD発表です。

オリコンのランキングでは7位にランクインし、比較的人気の部類に入ると思われます。

 

以降、2013年11月に発売された7thシングル『もったいないとらんど』まではすべて10位以内という人気ぶりを伺えます。


しかし、異変が生じたのは、2014年2月に発売された8thシングル『ゆめのはじまりんりん』であるとされています。

オリコンのランキングでは11位にランクインし、初めてトップ10を割ってしまいました。


それからまた復活するのですが、2015年9月に発売された11thシングル『Crazy Party Night 〜ぱんぷきんの逆襲〜』ではオリコンのランキングで12位を記録してしまいました。


ちなみに、前作の2015年3月に発売された10thシングル『もんだいガール』ではオリコンのランキングで6位を記録しましたから、11作品目で急激な人気の陰りが見えつつあることが伺えます。

 

きゃりーぱみゅぱみゅさんの人気が低迷している現状について

 

人気に陰りが見られ、もはや消えかけているとも言われる、きゃりーぱみゅぱみゅさん。

少し前までは、とても考えられないような話でした。

 

では、きゃりーぱみゅぱみゅさんの現状について、シングルCDの売れ行きを参考に見てみましょう!

 

2016年4月に発売された12thシングル『最&高』がリリースされましたが、オリコンのランキングで16位を記録し、きゃりーぱみゅぱみゅさんの歴代シングルCDランキングの中で最低記録を出してしまいました。

 

その他にも、きゃりーぱみゅぱみゅさんが消えると言われる理由として挙げられるのが、シングルCDをリリースする間隔です。

 

2012年には9ヶ月で2作のシングルCDをリリースしたきゃりーぱみゅぱみゅさんが、2013年には10ヶ月で4作のシングルCDをリリースするという躍進を見せました。

 

しかし、2014年以降は毎年2作のシングルCDをリリースする所までペースを落としてしまい、現在のきゃりーぱみゅぱみゅさんの人気は危機的状態となっているようです。

 

きゃりーぱみゅぱみゅさんの人気が低迷した理由はなにか?

きゃりーぱみゅぱみゅさんといえば、日本国内だけではなく、海外でも人気だと言われてきました。

そんな彼女が人気低迷の理由とは、何なのでしょうか?

 

◆理由1・アーティストとの二股密会疑惑

thBXLZDJ2E

thWF6XON4X

 

きゃりーぱみゅぱみゅさんは、アーティストSEKAI NO OWARIの深瀬慧さんと交際中であるにも関わらず、NEWSの手越祐也さんと浮気且つ二股密会している姿を写真週刊誌にキャッチされてしまったことが一つの理由として挙げられます。

 

よって、きゃりーぱみゅぱみゅさん自体の人気がこのような浮気且つ二股密会という情報で、一気に低下してしまう結果となりました。

 

この情報をキャッチされたことで、徹底した口パク姿勢を貫き通してしまう、きゃりーぱみゅぱみゅさん。

果たして、このアーティストはやる気があるのかという白い目で見られてしまう結果が、人気低下を引き起こしたのではないかとされています。

 

◆理由2・Twitter上でNGつぶやきを発したから?

th1WC76LZ0

話は3年前に遡りますが、きゃりーぱみゅぱみゅさんが、自身の携帯電話が壊れていたものの、それが直った嬉しさについてつぶやきました。

当時、きゃりーぱみゅぱみゅさんは以下のつぶやきをしていました。

 

th22DKVKHS

特に注目して欲しいのが、画像の一番上のつぶやきに『メンヘラみたい』という文言を使用しています。

 

メンヘラは、精神疾患や精神障害を患う人に対して侮辱的な意味を表す言葉でもあります。

 

このような侮辱的な言葉自体を知っていることに対してTwitter上では、きゃりーぱみゅぱみゅさんに対する抗議のツイートが当時たくさん寄せられていたとのことです。

 

従って、このようなNGワードをTwitter上でツイートしてしまったことから、きゃりーぱみゅぱみゅさんにおける好感度はがた落ちとなり、人気の低迷の理由の一つになったと推測されます。

 

少しずつ歯車が狂いだしたきゃりーぱみゅぱみゅさん…人気はどこまで低下してしまうのでしょうか?

 

まとめ

一時期は、若者を中心に絶大な人気者として活躍してきた、きゃりーぱみゅぱみゅさん。

 

しかし、アーティスト活動以外の場面で、きゃりーぱみゅぱみゅさんの好感度を下げてしまう行動や言動がちらほら見えることから、そろそろ一定の人気度にピリオドを打つ時が迫ってきているかもしれません。

 

とは言え、まだまだ若手のアーティストの部類に入ってもおかしくないので、きゃりーぱみゅぱみゅさんがこれからどの程度頑張れるのかを、ファンの皆さんは注視して見る必要があるかと思われます。

 

そして、きゃりーぱみゅぱみゅさんは、たくさんのファンの皆さんに向けて、夢や希望を与えられるような活動姿勢を再認識して頂きたいと筆者は願いたいと思います。

 

 - アイドル